高級ステーキをドカンとご飯の上に並べたら……もちろん絶対美味しいに決まっている。もちろん絶対に美味しいと決まっているから、デカい方がいいのだ。デカければデカい方がいいに決まっている!

というわけで今回は、食べる前から激ウマ確定 & ダイナマイト級のボリュームを誇る最強ステーキ丼を食べてきた。総重量はなんと1キロ、わがままな欲求を満たすべく、限界寸前の大食いバトルを繰り広げてきたので、さっそくご覧いただきたい!

・ニクゼン大名店

今回ご紹介するお店は、福岡市地下鉄空港線「赤坂駅」3番出口から徒歩1分の『ニクゼン大名店』。駅から近い上に「超高級焼肉が福岡一安い!!」という激アツキャッチコピーが目印となっているので迷うことはほぼないだろう。

ランチメニューはいたってシンプル。「ステーキ丼(850円)」か「ステーキ丼特盛(1200円)」の2種類のみだ。お肉300g、ご飯700gの特盛は40食限定、ちなみに100円追加でご飯の大盛りも可能である。筆者はもちろん限定メニューの特盛をオーダーした。理由は先述した通り、デカければデカい方がいいに決まっているからである!

・フタが浮いている

待つこと数分で、信じられないサイズのステーキ丼が運ばれてきた……おいおい嘘だろ、デカすぎてフタが浮いているじゃないか。神々しく輝きを放ちながら近づいてくる肉山の御姿は美しい限りだが、自分のテーブルに到着した時の “終わった感” は異常である。フタを開けるのがマジで怖い。

・一生眺められるビジュアル

それではフタを開けてみる……やっぱりデカすぎィィィイイイイイ! 肉がどんぶりからあふれ出る寸前でギリギリ耐えているようだ。一生眺められるレベルの圧倒的なビジュアルである。さっそく一口食べてみたところ……

うますぎる。とにかく肉がやわらかい。ご飯を包んで食べたら……ああ、もう最高。醤油ベースのフルーティーなタレとわさびの相性も完璧である。食べても食べても減らないが、それでいい。まさに無限に食べられるウマさなのだ!

・マジで減らない

とは言ったものの、やはり人間には限界がある。4分の3ほど食べたあたりで「帰りたい」と思ってしまった。ただ、大食いは精神的に追い込まれてからが勝負。九州産の高級ブランド牛を激安で食べられる喜びを噛みしめながらラストスパートォォォオオオオオッ!

というわけで、無事完食できた。今回の勝因は、間違いなく。衝撃的なボリュームを忘れられるほど美味かったのだ。昼のステーキ丼を味わったら、きっと夜の焼肉も食べたくなるだろう。気になった方はぜひチェックしてみてくれよな!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 黒毛和牛ニクゼン 大名店
住所 福岡県福岡市中央区大名2-12-17 2F
時間 11:30~14:00 / 17:00~23:00(金・土17:00~24:00)
休日 火曜

参考リンク:黒毛和牛 ニクゼン
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼ニクゼン

▼ランチメニュー

▼フタが浮いているステーキ丼特盛

▼ドンッ

▼ドンッ

▼ドドンッ

▼フタに肉を移してから食べるのが店長さんのオススメ

▼最高だった

▼完食

▼2月からは日曜日もランチをやっているぞ

▼ニクゼン西新店ではローストビーフ丼もあるそうだ

▼ランチはブリスケという部位を使用しているらしい

▼夜も要チェックだ