知らない土地で美味いものを食べたい時は、地元の人にオススメを教えてもらうのが一番だ。ガイドブックでお店選びをするよりも手っ取り早い上、リアルな声は信頼性が高い……気がする。しかも日本人は親切なので、ご丁寧に道順まで教えてくれたりするのだ。

さて今回は、屋台と市場でにぎわう福岡市の長浜エリアで、地元の方が猛烈にプッシュする『第三共進丸』を紹介したい。オススメする理由は「市場から直送の天然鮮魚が激ウマで、選び放題の焼酎は一杯100円、しかも自己申告制」とのこと……ウソだろと思ったらマジだった。

・漁船オーラ全開の店名

長浜エリアは街灯も人気も少ないが、屋台や店の明かりが味わい深い港町である。気分よくブラブラ歩いていると目印の「焼酎一杯百円、自主申告」と書かれた看板を発見した。西鉄バス「港一丁目」停留所の目の前、こちらが話題の大衆海鮮酒場「第三共進丸」である。

地元民からの推薦に加えて、漁船オーラ全開の店名、歴史を感じる店構え……どれもこれもナイスだ。まさに長浜の三冠王、トリプルスリーの風格を漂わせている。期待せずにはいられない!

・自家製メニューは確実に注文せよ

さっそく入店してカウンター席へ。一杯100円の焼酎の前に、まずはビールを飲みながら自家製の「漁師かまぼこ(500円)」と「雑魚シューマイ(500円)」を注文した。ちなみに、メニューはホワイトボードで確認。見えない場合は「撮影お願いします」とのことだ。

待つことなく最初に運ばれてきたのは「漁師かまぼこ」。特に意識することなく、一口パクリと食べてみると……ちょちょちょ、超ウメェェェエエエエエ! ちょっと待ってくれ、これまで食べた数千枚のかまぼこの頂点に昇りつめる衝撃的なウマさだ。練りこまれたイカが最高の働きをしている、いきなりスゴイな!

・全部ウマいと断言できる

熱々カリカリの揚げシューマイも当然美味い。白身魚やエビの旨味が凝縮されたミラクルレベルの一品だった。そして、ビールの後はいよいよ一杯100円焼酎の登場だ……ズラッと並ぶ焼酎の中から好きな銘柄を選び、グラスに自由に注ぐスタイル。開放感は完全にドリンクバーである。

正直、筆者は酒が弱い方なのだが「メンタイカラスミ」と「アラカブの煮付け」が、恐ろしいほど焼酎に合うからマジでヤバイ。味も香りも全く違いのわからないド素人だが、気がつけばカウンターで芋焼酎の飲み比べをしていた。焼酎最高ォォオオオオッ!!

おかげで自分でもビックリするほど、1人で陽気な時間を過ごすことができた。あとあと聞いてみると、そもそも焼酎は新鮮な魚を存分に楽しんでもらうためのサービスなのだとか……なるほど、多くの人に愛されるわけだ。さすがである。

・シメは屋台で決まり

さて、身も心も十分に温まったところで「たぶん5杯」と自己申告してお会計。外に出てふらっと歩くとオレンジ色に輝く屋台が……もちろんシメは長浜ラーメンで決まりである。というわけで、間違いなく最高の夜を過ごせると思う第三共進丸は、誰かに教えたくなる名店であった!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 第三共進丸
住所 福岡県福岡市中央区長浜2-5
時間 17:00~25:00
休日 なし

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼第三共進丸

▼焼酎一杯百円の看板

▼メニュー

▼絶品の「漁師かまぼこ」


▼雑魚シューマイ

▼メンタイカラスミ

▼アラカブの煮付け

▼焼酎コーナー

▼お湯割りセットで飲む

▼飲む

▼カラスミが焼酎に合う

▼最高だった