日本では見られない自然現象の代表格は、なんといってもオーロラである。実際にオーロラを見たくて北欧に行った人でも、天候によっては見られないこともあり、かなり運に左右されてしまうようである。

そんな、美しいオーロラを眺めながら豪華に過ごせる、ツリーハウス型ホテルが誕生したというので紹介したい。木の上に建てられたような建築デザインがゴージャスで、一生に一度は泊まってみたいレベルなのである!!

・森の中にあるツリーハウス型ホテルが素敵~!

オーロラを眺めながら過ごせるツリーハウス型ホテルが建築されたのは、北欧スウェーデン北部に位置するラップランドの森の中だ。

「The 7th Room:ザ・セブンスルーム」と名付けられたホテルは、伝統的な北欧スタイルのキャビンが基になっており、地上から10メートルの高さに建設されている。

・ネットが敷かれたテラスでオーロラを堪能出来ちゃう!!

The 7th Room Treehotel_Snøhetta Architects #architecture #sweden #snøhetta #nature #7th #room #treehotel

A post shared by Matteo Albanese (@matteo.lbn) on

12本の木柱によって支えられたホテルは、屋内に木柱が突き抜けているスタイルなので、本物のツリーハウスに宿泊している気分を味わえてしまうのだ。

そして、部屋には全体的に大きな窓が設置されているため、四方に広がる息を呑むような美しい自然を堪能することが出来る。また、屋内テラスにはネットが敷かれ、そこに横たわればハンモックに揺られているような感覚で、ガラスの天窓から満天の星や美しいオーロラを眺められるというから最高である!

・5人で泊まれば1人につき宿泊費が約3万円!

ザ・セブンスルームには、ラウンジエリアとベッドルームが2つ&バスルームが設けられ、最高5人まで宿泊出来るとのことで、料金は1泊1万2000クローナ(約15万4600円)となっている。5人で泊まれば1人約3万円なので、一生想い出に残るような体験が出来ると思えば安い買物ではないだろうか。

筆者の「死ぬまでにしたいことリスト」のひとつが、“オーロラを見ること” だ。寒い屋外で震えながらオーロラを待つよりは、「お酒でも飲みながら、ぬくぬくとツリーハウス型ホテルの中から眺めたいな~」と思った次第である。

参照元:Instagram #treehotelTreehotelboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

▼ネットが敷かれた屋内テラスの天窓からオーロラを眺められちゃう!

View from our new room #treehotel #snøhetta #the7throom

A post shared by Treehotel (@treehotel) on