どうやらみんな、本当にスーパーカブが好きなようだ。日本のみんなだけじゃなく、世界中から愛されているようだ。インドネシアを皮切りに、タイのバイク屋さんの改造カブを紹介してきた当連載だが、今回は……東南アジアを一気に北上しての中国だ!

カブに詳しい者であればあるほど、二度見どころか「三度見」してしまう改造カブを作り上げたのは、上海に店を開く『Shanghai Customs(シャンハイカスタムス)』なるカスタムショップ。『eCUB』と名付けられたマシンをよく見てみると……


エンジンがない!! ……のに、


走ってる〜ッ!!(しかも無音)

──そう! 勘の鋭い人ならお気づきだと思うが、このエンジンのないカブ『eCUB』は、中国では普通に見かける「電動バイク」なのである。無音で爆走しているアレだ、アレ。

もちろんガソリンも不要の充電式バッテリー駆動で、ノーマル状態の最高時速は50km。カスタムパーツを使えば、最高時速60kmまで出るという。

なお、デザインは旧型のカブをベースとしており、エンジンは無論、フットブレーキもシフトペダルも排除された「究極のスカチューン」とも言うべき胴回りは必見。タフなタイヤも似合っているし、なにげに後輪はディスクブレーキとなっている。

ちなみにこの電動カブを作り上げたカスタムショップ『Shanghai Customs』は、「上海に住む外国人によって2014年に設立された」とのこと。日本からバイクを輸入し、お客さんの好みに合わせてカスタマイズしているそうな。公式サイトにはSRやドラッグスターなども掲載されていたぞ。要チェック!!

参照元:Instagram @shanghaicustomsShanghai Customs(英語)
執筆:GO羽鳥
★こちらもどうぞ → シリーズ「世界の改造カブ

▼乗ってみたい〜!

▼いいケツしてます

▼黒もある!

The blacked out ultra minimal eCUB #shanghaicustoms #electricmotorcycle #ecub

A post shared by Shanghai Customs (@shanghaicustoms) on

▼面構えも好(ハオ)!

Front and Back #electricmotorcycle #eCUB #shanghaicustoms

A post shared by Shanghai Customs (@shanghaicustoms) on

▼大きめのベーツライトも似合ってる!

▼クイックチャージできるらしい

4 amp quick charge on the eCUB 2.0⚡️ #electricmotorcycle #ecub #shanghaicustoms

A post shared by Shanghai Customs (@shanghaicustoms) on

▼3Dスキャンしているってことは……

Now the eCUB frame #electricmotorcycle #ecub #shanghaicustoms

A post shared by Shanghai Customs (@shanghaicustoms) on

▼もしやフレーム部分は3Dプリントで軽量化!?

Raw mesh data straight off the 3D scan, the quality is really impressive

A post shared by Shanghai Customs (@shanghaicustoms) on

▼プロモーションムービー風(音量注意)