IMG_3265

2016年3月24日、警察庁は時速100キロとしている高速道路の最高速度を、時速120キロへと引き上げられるようにする方針を決めた。安全性の条件を満たす区間に限られるようだが、高速道路の規制速度が時速100キロを超えるのは、国内で初めてのことだ。

大半の車が規制速度を超えて走行しているのが現状のため、規制があることをすっかり忘れていた人も多いだろう。そこで今回は、規制速度の引き上げに伴い、高速道路に関する忘れがちな交通違反をお伝えしたい。ズバリ「追い越し車線を走り続けていると違反になる」である!

・一番右の通行帯が追い越し車線

基本的に高速道路は複数車線で構成される。説明するまでもないだろうが、一番左が走行車線で右は追い越し車線。真ん中がある場合は、一番右が追い越し車線となる。そんな中、意外と知られていないのが通行帯違反。一番右の通行帯を走り続けることで生じる違反だ。

・追い越し車線を走る条件

追い越し車線を走る条件には、追い越しをする場合、緊急自動車に道を譲る場合、道路状況などでやむを得ない場合がある。では実際にどれだけ右車線を走っていいものなのか。その答えはというと……

・追い越し車線を走れる目安は2キロ以内

目安は2キロ以内となっている。とはいえ、道路が混雑している時に無理な車線変更をすると、事故を招くことに繋がるから明確な決まりはない。あくまで目安という表現なのもそのためだ。

・通行帯違反による罰則

ちなみに通行帯違反の罰則は、点数が1点、反則金が普通車で6000円(大型車は7000円)となっている。追い越し車線が空いているからといって走り続けるのはゼッタイにダメ! 利用する理由がなくなったら速やかに走行車線に戻るようにしよう。

参照元:毎日新聞
執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.