It's wise to listen to @andreapirlo21.

A video posted by Major League Soccer (@mls) on

この世に天才はいる。そう思わずにいられないプレーが、MLS(メジャーリーグサッカー)で飛び出した。まるでエスパーのような魔法を使ったのは、ニューヨーク・シティに所属するアンドレア・ピルロ。元イタリア代表、そしてACミラン、ユヴェントスでプレーした36歳の大ベテランだ。

それは2016年3月7日に行われたシカゴ・ファイアー vs ニューヨーク・シティの試合でのこと。2−4で迎えた後半27分、シカゴ・ファイアーがPKを得たシーンでさりげなく炸裂していた。

・PKは究極の心理戦

PKは「運勝負」とも言われるが、実際はそうでもない。ゴールキーパーとキッカーは、メンタルの極限状態で戦い、崩れた方が負ける。いわば「究極の心理戦」。それがPKだ。

データが主流化された近年では、お互いにクセも掴んだ上で試合に臨む。とはいえ、それがプロの勝負であれば、そう簡単に見抜けるものではない。クセがバレないよう練習を重ねている。……ところが!

・一瞬でコースを判断するピルロ

天才・ピルロには、データで見えない部分が見えるようだ。というのも、こぼれ球に対して皆が次のプレーを準備する中、彼は相手がシュートモーションに入ると蹴る方向をゴールキーパーに指示。しかも、見事に的中させてしまったのである!

時間にしてわずか1秒ほど。たったそれだけの時間でキッカーの狙ったコースをピタリと当てたのだから、まさに天才としか言いようがない。完全にクセを見抜いていたのだろうか。いずれにせよ、常人では考えられない判断力だ。

・ゴールキーパーは逆に飛んで失点

ちなみにゴールキーパーはピルロの指示が目に入らなかったのか、逆方向に飛んで失点。試合は3−4で勝利したものの、もしピルロの指示通りに飛び、止めていたら楽に試合を進めることができただろう。予知能力者のようなシーンはMLSの公式 Instagram にアップされているので、そのスゴさは実際にご覧いただきたい。

参照元:Instagram @mls
執筆:原田たかし

It's wise to listen to @andreapirlo21.

A video posted by Major League Soccer (@mls) on

▼こちらは試合のハイライト