「2月10日」にまつわる記事

「名物が豚丼って(笑)」と思いながら帯広へ行ったら…実際に食べて無言になった話 / あるいは吉野家以外の世界を知った瞬間

人間、本当に美味しいものを食べたときは無言になるものである。「美味しい」とか「ウマい」とさえ言わない。言葉を発する余裕がない。ただひたすら、目の前にある食べ物を口の中に送り込む。それ以外のことを、今は一切したくない……。

──という気持ちになったことが、私は何度かある。その中で、今も記憶に焼き付いているものが、今回紹介する「帯広の豚丼」だ。ちょうど本日2月10日は『豚丼の日』なので、当時の体験を紹介したい。

続きを全部読む

【豚丼の日】“希少な豚肉” で話題の店「ひこま豚食堂」の豚丼を食べてみた / 北海道札幌市

今日2月10日は、年に1度のぶ(2)たど(10)ん……「豚丼の日」である! 今や北海道を代表するB級グルメとなった豚丼。甘辛いタレで味付けした豚肉をご飯の上に乗せるシンプルな料理だが、店それぞれのこだわりがあり意外と奥が深い。

今回は豚丼の日を祝して、北海道で豚丼を取り扱う店のなかでも話題沸騰中の豚肉料理専門店『ひこま豚食堂』をご紹介したい。ここは、高品質なオリジナルの豚肉を使用している特別な豚丼が食べられることで人気の店だ。

続きを全部読む

【豚丼の日】迷ったらここに行け! 希少な道産肉を使用した豚丼が激ウマ!! 札幌市『銀の舞』

本日2月10日は年に1度の豚丼の日である!「ぶ(2)たど(10)ん」という語呂合わせがその由来で、北海道で豚丼などのタレを製造する株式会社ソラチが制定した “豚丼を記念する日” とのことだ。

そんな豚丼の日を祝して今回は、北海道札幌市内で話題の豚丼専門店「銀の舞(ぎんのまい)」をご紹介したい。北海道産の希少な豚肉を使用した一杯が絶品と評判の店だ。

続きを全部読む

【豚丼の日】これがミシュラン掲載店の実力だ!  極上の豚丼が555円で食べられる店 / 北海道「空海」

昨日2月9日が「肉の日」であったことはご存知の方も多いだろう。しかし、今日2月10日も、ある特別な日だということをご存知だろうか? 今日は何を隠そう、ぶ(2)たど(10)ん……そう、『豚丼の日』なのである!

そこで、今回は世界でも希少なミシュランガイドに認められた豚丼専門店を紹介したい。北海道にあるその店では、こだわりの道産素材を使用した絶品の豚丼をなんと555円で食べられてしまうのだ。

続きを全部読む

【ニートの日】元ガチクズのニートが語る「クズにならないために死守するべき三カ条」

職業に就こうとしない若者を指す「ニート」の数は60万人以上とも言われており、現在も深刻な社会問題となっている。そして本日2月10日は、誰が決めたか「ニートの日」。過去にはインターネット上で『天下一無職会』なるものも開催されている日だ。

そんな年に一度の日に「クズにならないために死守するべき三カ条」を教えてくれたのは、元ガチクズニートの30代サラリーマン男性。「正体がバレないよう匿名だったら……」と条件付きで、伊東ハイジ(仮名)さんがインタビューに応じてくれた。

続きを全部読む