「絆創膏」にまつわる記事

【裏ワザ】災害時にも使える! 警視庁がツイートした超簡単な「はがれにくい絆創膏の貼り方」がこちら

2018年9月6日早朝、北海道を震度6強の地震が襲った。台風21号の被害も記憶に新しい中で降りかかった新たな災害。気象庁は、地震のあった胆振地方中東部では現在も活発な地震活動が続いているとし注意を呼び掛けている。

そんな災害時にも使えそうな知識を2日前に警視庁がTwitterに投稿していたためお伝えしたい。その知識とは、超簡単にできる「はがれにくい絆創膏の貼り方」である。

続きを全部読む

提供:ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニー

「スター・ウォーズ」のバンドエイドを使ってプロのスタイリストにコーディネートしてもらった結果 → 超オシャレに!

ご存じ、ジョンソン・エンド・ジョンソンのバンドエイド®は、キズに貼るためにある。しかし、本来の使用方法とは違うが、「もしかしたら……」とふとひらめいた。

そう、もしかしたらファッションアイテムとしても取り入れられるのではないだろうか!? そこで、プロのスタイリストに依頼して、最旬バンドエイド・コーディネートを提案してもらった。その結果、あまりのファッショナブルさに、驚いた次第である。

続きを全部読む

乳首に絆創膏を貼るとセクシーさが69%アップする! 実際にやってみた

異性からセクシーだと思われたい! ……とはよく聞く話だが、ひと言で “セクシー” と言っても、様々な要素が関連している。服装、髪型、声、仕草、雰囲気……。それらの中で、最も大事なのは、ずばり乳首ではないだろうか。

早い話が、乳首の見せ方ひとつで、セクシーかどうかが決まる。例えば、乳首に絆創膏を貼るだけで、ビックリするくらいセクシーになれるのだ。実際に検証した画像とともに紹介したい。

続きを全部読む

【超ライフハック】「帽子」と「ばんそうこう」を使って一瞬で少年の心を取り戻す方法

女性が男性に求める条件に、「優しさ」「経済力」「イケメン度」と並び、『少年のような人』という話はよく耳にする。いくつになってもキラキラとした少年のような心を持つ男性は、女性はもちろん、同性にも魅力的に映るに違いない。だがしかし……!

何かと暗い話題が多いこのご時世。歳を重ねれば重ねるほど現実が見えてきて、いつしか少年の心は失われていく。──ちょっと待ってくれ。実は「一瞬で少年の心を取り戻せる超ライフハック」を発見してしまったのだ……! しかも “帽子” と “ばんそうこう” の2つがあれば出来てしまうから、これを試さない手はないぞ!!

続きを全部読む

痛いの痛いの笑顔になれ~! 笑顔が浮かび上がるスマイルばんそうこうがカワイイ

子どもの頃、誰もがお世話になったであろう絆創膏(ばんそうこう)。絆創膏を使う時は大抵痛くて苦しんでいる状態、もしくは泣いている状態であり、絆創膏でそれほどいい思い出がある人はほとんどいないことだろう。しかしこれからは、ある絆創膏が子ども達を笑顔にしていくかもしれない。

続きを全部読む

全国でこんなに違うバンソウコウの呼び方

切り傷やすり傷などをしたときに、傷口に雑菌が入るのを防ぐために用いる「絆創膏」(ばんそうこう)。これの呼び方が全国各地で異なることをご存知だろうか?

呼び方の区分は明瞭なものではなく、近隣の県でも異なるケースが多い。たとえば、関西圏でも大阪、奈良、和歌山で違うのである。今回ご紹介する地図は、「役に立つ薬の情報~専門薬学」に掲載されているもの。

その地図によると、絆創膏には大きく分けて6つの呼び方が存在するようだ。絆創膏、カットバン、バンドエイド、リバテープ、サビオ、キズバンの6つである。呼び方の分布は以下の通り。

続きを全部読む