「牛カツ」にまつわる記事

【挑戦】京都勝牛「ひとくち牛カツ」60分以内に50個以上食べたら食事代全額無料! オッサンがチャレンジした結果……

牛カツ専門店の「京都勝牛」は2021年7月21日から9月12日までの期間限定で「ひとくち牛カツ」の食べ放題(単品オーダー不可)を実施している。LINEのお友達登録をすれば、通常税別580円が半額の290円になる超お得な企画だ。

それがさらにバージョンアップ! 60分以内に50個以上を食べると食事代全額無料! 食いまくって無料って最高じゃん!! 挑むしかない! ということでオッサンの私(佐藤:47歳)がチャレンジしてみた。

続きを全部読む

【実食レポ】牛カツ専門店「京都勝牛」で1口牛カツ食べ放題をたったの290円でやってるぞ~!

知らない人も多いと思うんだけど、全国で店舗を展開する「牛カツ専門店 京都勝牛」がお得な食べ放題キャンペーンを実施しているぞ! 2021年7月21日から「ひと口牛カツ」の食べ放題(単品オーダー不可)をやっているんだ。

通常税別580円のところを、LINEのお友達登録をすれば半額の税別290円で挑むことができるという。たったの290円で食べ放題だと!? それはやるしかない! ということで実際に体験してきた。

続きを全部読む

【デカ盛り】『牛カツトリプルカレー』が肉の暴力だった →「カレーは飲み物。御徒町店」限定の激ヤバメニュー

かけそばよりは天ぷらそば、ラーメンよりはチャーシュー麺、そしてカレーよりカツカレーを注文したくなってしまうのは、食いしん坊の性(さが)であろう。食いしん坊に加えて “お調子者” という性格を持つ私、P.K.サンジュンは、この日 自分を呪った──。

というのも、御徒町にある「カレーは飲み物。」に足を運んだところ『牛カツカレー3枚』なるメニューを発見、軽い気持ちでまんまと注文してしまったからだ。結論から言おう……『牛カツトリプルカレー』は生半可な覚悟で注文してはならない。でないと、自分を呪うことになってしまう。

続きを全部読む

【潜入】世にも珍しい「かつで飲めるバー」があるらしいので入ってみた! 東京・中野『かつbar Harubar(ハルバル)』

バー。そこは大人たちが夜な夜な集う隠れ家。バーで飲むようになったら、いよいよ大人になった感じがする。つまみなんて大したものはいらない。黙ってシングルモルトを傾ける。これである。私(あひるねこ)の中では、バーとはそういう場所だった。

しかし、そんな私の貧困なイメージを覆すようなバーを見つけてしまった。なんとそこは、かつで飲める「かつバー」なのである。“かつ” って、トンカツや串カツの “かつ” のこと? いやいや、どんなバーなんだよ。というわけで、その「かつバー」とやらに潜入してきたぞ!

続きを全部読む

35.712006139.665435

京都発の牛カツ専門店「勝牛」に行ってみた / 印象はハッキリ言って「惜しい!」

最近は牛カツがすっかり定着して、至るところでお店を見かける。以前紹介した、東京・新宿の「牛かつ もと村」はオープンしたばかりの時はすんなり入れたのだが、近ごろは行列のできる人気店になってしまった。どうやら、全国的に牛カツは人気らしい。

そんななか、2015年末に新宿に新たな店舗がオープン。京都の牛カツ専門店「勝牛」が新宿に進出していたのである。これは行かねば! ということで、早速行ってみたのだが……。なんだろう、何かが違う。何かはわからないけど、これまで食べてきたお店と何かが違うんだが……。

続きを全部読む

【神戸グルメ】地元民おすすめ! 元町「洋食ゲンジ」では背筋がピンと伸びた『エビフライ』をトッピングすべし!!

江戸時代末期に開港した神戸は、いち早く欧米の食文化から影響を受け、独自の食文化が発達した街である。元町や三ノ宮には多くの洋食店があり、市民と洋食の距離が近い街だ。

そんな神戸で地元民に愛されるのが、元町の「洋食ゲンジ」である。地元の人から、「なにを頼んでもええから、絶対にエビフライをトッピングせい!」と教えてもらったので、さっそく行ってきたぞ!

続きを全部読む