「動物病院」にまつわる記事

【4コマ】第40回「やっぱり動物病院が嫌いみたいです」ロッテンマイヤーのちょこっと楽しい生活

続きを全部読む

踏んづけられて殻が粉々になったカタツムリ → ある動物病院が殻を補修してあげたエピソードにほのぼの~!

まだ先の話だが梅雨の季節になると、アジサイの葉にカタツムリが引っ付いている風情ある光景を目にし、それと同時に人に踏んづけられたり、車にひかれてしまった可哀想なカタツムリも見かけるようになる。

そんな不運な目に遭ってしまったカタツムリが、親切な人によって動物病院に運び込まれ殻を補修してもらうという、超ほのぼのエピソードがネットで話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

‟花瓶に頭を突っ込んで抜けなくなったニャンコ” に意外な展開が待っていた! 「お洒落だニャン」とネットで人気者に!!

ニャンコは狭いところが大好きである。「そこに入ったら抜け出せないんじゃないの!?」と心配してしまうような小さな箱や隙間に、ムチムチな体を押し込もうと頑張るのだ。

そんな独特の性質のせいで、痛い目に遭ってしまったニャンコがいるので紹介したい。その猫ちゃんは、花瓶に頭を突っ込んだら抜けなくなってしまったのだが、その結果が「意外とファッショナブルだニャン」と、ネットで人気者になっているというのだ。

続きを全部読む

【動画】狂気のイタズラ男「レミ・ガイヤール」がまたやった! 映画『猿の惑星』のような世界を創造してドッキリを敢行

みなさんは世界を股にかける「レミ・ガイヤール」というイタズラ男をご存知だろうか。人呼んでフランスの「ナイス害」。現在40歳のオジさんだが、そのイタズラがとにかく半端ないことで知られている男である。

これまで公道でガチのマリオカート、警察を虫捕り網で捕獲などやりたい放題してきたレミ。さすがに40代に突入したのでおとなしくするかと思いきや、やはりレミはレミだったようだ。

続きを全部読む

やはり母は子を忘れない! 「捨てられた子猫を保護したら母猫が迎えにやって来た」ストーリーがほのぼのな件

母親のお腹の中で育った子供と、お腹を痛めて子供を産んだ母親の絆は、言葉では言い表せないほど深く強いものがあるに違いない。

それは人間だけでなく動物も同じなようで、「捨てられた子猫を保護したら、なんと母猫が迎えにやって来た!」というニュースが話題となっている。やはり母は子を忘れないのだという、心温まるほのぼのストーリーを紹介したいと思う。

続きを全部読む

【画像多数】火事で大やけどを負ったニャンコ / 自分も治療中だけど仲間の看病だってしちゃうのだ! 他の動物との “仲良し写真” に拍手喝采!!

火事は恐い。多くの人や動物が犠牲になる。今回ご紹介する1匹のネコ・ラッセルも、2014年1月に火事で大やけどを負った。幸運なことにラッセルは一命を取り留めたものの、症状は重く、2015年5月現在も動物病院にて治療を受けている。

そんなラッセルは、自分も患者の身でありながら、他の “患者” たちのケアだって行う心優しいニャンコ。イヌや鹿に「大丈夫? 一緒に頑張ろうね」と寄り添う姿が、今人々の心を鷲掴みにしているのだ!

続きを全部読む

【命の水】スゴいぞお酒! 猛毒を口にして瀕死に陥ったニャンコにウォッカを点滴 → ベロベロになって生還

大好きな人にとってはまさに “命の水” でもあるお酒。「酒なしでは生きていけないよ〜」という人もいるかと思うが、今回お伝えするのは、実際にお酒が命を救った事例だ。

なんとあのウォッカが、命の危機にひんしたネコを救ったのである! え!? ネコにお酒を与えても大丈夫なの? どうやってウォッカが命を救うの? とビックリしてしまうこの話。一体どのような背景があったのだろうか?

続きを全部読む