「ヤングマガジン」にまつわる記事

【ブチギレ】原作版『カイジ』のストーリー展開がいくらなんでも遅すぎる → 現実の時間経過と照らし合わせたらヤバイことになった…

アニメ、実写映画化もされた『カイジ』シリーズの原作漫画を、現在も追っている人は果たしてどれくらいいるだろうか? 私(あひるねこ)はというと、めちゃめちゃ追っている。しかもヤンマガで週刊で追っている。毎週欠かさず、だ。

その上であえて言わせてもらうが、いくらなんでもストーリー展開が遅すぎるだろ! マジで全ッ然進まねぇ……!! 時間の進み方が遅いのはまだ分かるとして、ストーリーまで一向に進まないのはどういうことなのか? さすがにそろそろブチギレそうなレベル。

そこで今回は、作中の時間経過と現実に起きた出来事を照らし合わせ、『カイジ』のストーリーがいかに進んでいないかを検証してみることに。刮目せよっ……!

続きを全部読む

【コラム】「東京リベンジャーズ」がここまでの人気作になっているのが信じられない

現在、日本でもっとも人気があるアニメ・漫画コンテンツは何か? と聞かれたら、それはもう問答無用で『東京リベンジャーズ』だろう。実写映画も絶好調。『鬼滅の刃』『呪術廻戦』に次ぐ一大センセーションを巻き起こしている。

特に女性ファンからの熱い支持が目立つ同作だが、実は私(あひるねこ)のような雑誌主体の古い漫画読みからすると、『東京リベンジャーズ』がここまで女性の心を掴む大ヒット作になっているのが、いまだにちょっと信じられなかったりする。その理由は──。

続きを全部読む

【保存版】いま絶対に読んでおくべき面白い週刊連載マンガ9選! 各誌から最強の1作を独断と偏見で選んでみた / 本日3月17日は「漫画週刊誌の日」

本日3月17日は「漫画週刊誌の日」らしい。1959年の今日この日に、日本初の少年週刊誌である「少年マガジン」と「少年サンデー」が創刊されたのだ。最初の少年誌は「少年ジャンプ」かと思いきや、意外とそうではないのは有名な話。

今回はそんな「漫画週刊誌の日」を記念して、いま絶対に読んでおくべき最高に面白い週刊連載漫画を各誌から1作ずつ、厳選してお伝えするぞ。まだ単行本1巻しか出てない作品も選んでいるので、早めにチェックしておくことを強くオススメする!

続きを全部読む

【カオス】今週号のヤングマガジンにて『中間管理録トネガワ』と『ああっ女神さまっ』が混ざりあいヤバいことになる

漫画『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ作品である『中間管理録トネガワ』。「カイジ」でおなじみの絵柄と世界観とノリで、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いたギャグ漫画だ。

そして『ああっ女神さまっ』といえば、88年の連載開始から2014年の完結まで26年にもわたり、月刊アフタヌーンを牽引し続けた名作ラブコメ。特に90年代には爆発的ヒットを飛ばしていたイメージがある。

絵柄的にも世界観的にも一切交じり合うところが無い両者だが……今週号のヤングマガジンにてまさかのコラボ。異色すぎて、誤植かなにかだと思ってしまうレベルのカオス空間が誕生しているぞ……!

続きを全部読む

【ネットの力】今週の『1日外出録ハンチョウ』で前代未聞の珍事 / 登場キャラが「何の曲か分からない洋楽」を鼻歌で歌う → まさかの判明へ

「週刊ヤングマガジン」で連載されている漫画『1日外出録ハンチョウ』。人気漫画『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ作品だ。個人的には本家カイジを超えるくらい面白いと思っているのだが、実は今週の『ハンチョウ』でちょっとした珍事が起きた。

この漫画についてはネタバレもクソもないと思うので書いてしまうと、メインキャラの一人・沼川が15年ほど前に聴いた “メロディーしか分からない洋楽” を鼻歌で歌い、その動画を実際に公開(!?)して読者から情報を募ったところ、何と曲名が判明したのである。何やそれ!

続きを全部読む

ロケットニュース24では、2013年1月12日(土)発売予定だった講談社週刊ヤングマガジン(第7号)が発売延期になった件をお伝えした。

講談社側は、発売延期の理由をAKB48の河西智美さんの写真集の告知ページに不適切な内容があったためと説明。ネット上では、上半身裸の河西さんの乳首の部分を男児手で隠した「手ブラ写真」が原因ではないかと言われている。

すでに印刷も済んでいたであろう人気雑誌の発売延期は講談社に大きな損害を与えたと思われる。だが今度は、発売延期の原因となった写真集そのものの発売も白紙になってしまったというのだ。

続きを全部読む