会員制スーパー・コストコへ行くたびに気になっていた商品がある。ハンバーガーのパティサイズに整えられた、12個の牛ミンチ肉だ。私はそんな、総重量2kg超の牛ミンチ肉たちを見かけるたびに夢見ていた。「コレを全部焼いてタワーバーガーにしたい」と──

不要不急の外出自粛が呼び掛けられている今、時間だけはたっぷりある。ということで、ついに夢の「コストコビーフパティ全部盛りタワーバーガー」作ってみた!

・完成前に崩れそう

コストコで見かけたことのある方も多いだろう、12個のビーフパティこと「100%ビーフパティ 赤身88%」。今回は総重量が2186gあるものを購入した。パックに詰められたビーフパティの直径は約6cmで、そのまま焼いてもパティになりそうな見た目をしている。

しかし、そのままだとチラホラとスキ間があり、焼いているうちに崩れそうだ。あまり形を変えないように注意しながら握り、スキ間を埋めていく。

スキ間をしっかりと埋めたら、あとはひたすら焼くのみ!

中火で30分ほど焼いていたら中から肉汁が噴火して不安になったりもしたが……

なんとか焼き上がった! 自画自賛だが、なかなか美味しそうに焼けている気がする。次はいよいよ、タワーを築き上げていく。

コストコのバンズが品切れ中だったため、スーパーで買ったイングリッシュマフィンをバンズの代わりにしてみた。イングリッシュマフィンの上へ、順調にパティを積み重ねる。

ケチャップとお好み焼きソースを混ぜて作ったソースを塗り、具材の玉ネギ・チーズを乗せながら、黙々とビーフパティを積んでいく。そのまま積むと簡単に崩れてしまいそうだったので、串やお箸を刺して固定しながらタワーを高めていく。

6個目のパティを積み上げた時点でかなり傾いてしまったが、バランスを調整しながら積み上げていき……

タワーバーガー、ついに完成。めちゃくちゃ高い〜! おまけに、超絶重い!! ちょっと移動させるだけでも、重い上にバランスを取る必要があるため簡単に崩れてしまいそうだ。少し持ち上げるだけで、アゴがシワシワになるほど緊張する。

ワクワクしながら完成したタワーバーガーの全長を測ってみると……なんと約48cmもあったよ〜! まさに「タワーバーガー」と呼ぶにふさわしい高さではないだろうか。

手持ちのスマホ(iPhone XS・高さ約14cm)と比較してみると、スマホが小さく見えてくる。恐るべし、タワーバーガー。

ではいよいよ、タワーバーガーに上からかぶりつくとしますか! と思いきや──

限界が来たのか、タワーが大きく傾き始め、崩壊寸前となってしまった……

そのままでは崩壊の危険性が高かったため、残念ながらかぶりつくことは出来なかった。解体したあとのタワーはもはや普通のパンとハンバーグだったが、美味しいことに変わりはなかったので満足だったよ。

・浮かれるな危険

ここまで何の疑いもなくビーフパティを買い、タワーバーガーを作って食べた。そしてこの記事を書いていて気づいたことがある。商品は「100%ビーフパティ 赤身88%」だが、商品ラベルが「USプライムビーフ 肩ロースカタマリ」になってた〜!

「100%ビーフパティ 赤身88%」だと100gあたり118円(税込)だが、「USプライムビーフ 肩ロースカタマリ」だと100gあたり208円(税込)だ。いつも見かけていたが買うのは初めてだったので、商品名や価格へ特に疑問を抱いていなかった……。

夢のタワーバーガーに目が眩み、やらかしてしまった。魅惑のタワーバーガー、やはり恐るべし……。

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

▼夢見てました。

▼出来ればハンバーガーとして、上からかぶりつきたかった……