サブカル、アングラ、B級グルメなど「ごった煮感」が素敵な中野。新しい文化とはこういうところから生まれるものなのかもしれない──。ふと、そう思わされたのが駅前の立ち食いそば屋『NAMIKI』の肉そばである。

税込550円と立ち食いそば価格であるこのそば。名前はただの「肉そば」だが、なんと背脂が入っている。もはやラーメンの発想。そんな立ち食いそばのニューウェーブを食べてみたぞ!

・遠目は普通の立ち食いそば屋だが

南口を出て右手にある坂の入り口に佇むこの店。遠目に見るとただの立ち食いそば屋に見えるが、近づいてみたところ、「背脂入り日本蕎麦」という謎の単語がメニューポスターに書かれていた。

入店し券売機を見ると、メニューは「肉そば(税込550円)」と「肉増し肉そば(税込650円)」「出汁そば(税込400円)」の3種類のみ。それぞれ背脂なしも選べるようだが……ここはもちろん背脂ありだろう。「肉そば背脂あり」の食券を購入しカウンターに渡した。

・ラーメンみたいな見た目

店内は店の中というよりストリートの延長と言う方が近い感じ。道がちょっと凸になってそこを店型に切り取ったような開けっぴろげの雰囲気で、定員も5人くらいじゃないだろうか。ただ、幸い先客はいなかったので、狭苦しさのようなものは感じない。なんか秘密基地感あるな

間近の雑踏を眺めながら小3くらいの頃の気持ちを思い出していると、カウンターにそばが置かれた。麺が見えないほどふたをしているもやしと肉の山の上には確かに背脂が乗っている。

・まずは背脂なしで食べてみよう

背脂と言えばラーメンのイメージがあるが、実は私(中澤)は、あまり背脂トッピング系のラーメンを食べたことがない。したがって、背脂がどういった影響を及ぼすのか想像もつかないのだが、そばに背脂って大丈夫なんだろうか? ギトギトになりそうなんですけど。

View this post on Instagram

そば+背脂。という概念

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

とりあえず、背脂を溶かさずに食べてみたところ、つゆは優しめの味で、麺はどちらかと言うとモチッとして食べごたえがあるが、まとめると結構なんでもない味な気がする。まあ、スタンダードな立ち食いそばの味だ。

・背脂さんいきます

豚肉ともやしの量を加味して550円は適正価格と言えるが……さて、背脂さんはこのそばにどういう影響を与えるのか? つゆに溶かして飲んでみたところ……


うむ

思わず頷いてしまったが、それほどに背脂がうまくコクを出している。ラーメンスープみたいな濃厚でもったりした味になったらどうしようと思っていたが、どちらかと言うとそばつゆ寄りで軽やかさがあるため意外とスッキリ飲めるのが良い。こんなそばつゆ初めてだ

・ナミキ流美味しい食べ方

ところで、私にはさっきからずっと気になっていることがある。実はこの店、卓上の調味料として「辛みそ」と「生姜」が用意されているのだ。しかも、机に貼られている「ナミキ流美味しい食べ方」によると、最終的には好みで「辛みそ」を入れることが推奨されている。

ならば入れねばなるまい。「ナミキ流美味しい食べ方」を試さずにこの店の何が語れるというのか。私のジャーナリズムが火を吹いたので、ジャンジャン入れてみたところ……


完全にラーメンスープになった

これはこれでウマイ


というわけで、「背脂+辛みそ」までいくと、さすがにそばを辞めてる感じになることが判明した。好みに合わせてつゆの味を大きく変えられるこの店。自分好みの調合を見つけるのも楽しみの1つだ。そういう “好き” を掘り下げられる部分も含めて、さすが中野が生んだ立ち食いそばのニューウェーブである。

・今回紹介した店舗の情報

店名 肉そば NAMIKI
住所 東京都中野区中野3-36-14
営業時間 平日11:30〜23:30 / 土・日・祝11:30〜21:00
定休日 不定休・年末年始・ビルの休館日に準ずる

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.