西日本では古くからある「節分」の風習の1つ、恵方巻はすっかり日本中に定着した感がある。本来は、その年の恵方(吉方)を向きながら太巻きを無言で食べるのが習わしだが、近年はロールケーキやシュウマイなど、もう何でもアリになっている。それだけ恵方巻文化が浸透したと考えるべきか……。

そんななか、あるインド料理店が恵方巻の販売を行っていた。和食でないから太巻きではないのだが、思った以上 “インド” していて、これはこれで良いんじゃないの! とちょっと感激してしまった。

・かなりインドしている

2020年2月3日に東京・伊勢丹新宿店を訪ねると、多くのお店が店頭に恵方巻を陳列している。お店ごとに工夫を凝らしているものの、そもそも太巻きでそのお店の個性を出すのは難しい。

具材に凝っても、海苔で巻いたらみんな一緒に見えてしまうからだ。しかし、インド料理店の「シターラ・ティアラ伊勢丹新宿本店」は、らしさ全開の商品を販売をしていた。それが今回紹介する『インド恵方巻』である。


年に1度のレア商品とのこと。私(佐藤)が店頭で購入して帰ったら、当編集部の和才は予約購入していた。予約せずに買って申し訳ない……。ちなみに販売しているのは、チキンとベジの2種類だ。それぞれ税込920円。

ふと見ると、商品の外紙が1つ1つ違うことが判明した。これはなかなか気が利いてる! できれば、商品表示シールを剥しやすくしておいて欲しかった。



さらにすごいのは、外紙の下に経典をプリントした布が巻かれており、これらをインドのミサンガと鈴で結わえている。ここまで手の込んだ恵方巻は、和食のお店でも出してない。かなり気合いが入っている!



・中はビリヤニ

実物を見てみると、中身をルマリロティと呼ばれる手焼きの薄皮生地で包んでいる。



中身は酢飯ではなく、インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」だ。チキンはほんのりスパイスの効いたカレー風味。


ベジの方は、野菜ビリヤニがしっかりと詰め込まれている。どちらも見た目以上にボリューミーで、1本食べたらかなりお腹いっぱいになる。


無言で1本食い切るのは結構大変なので、カットして家族や友達とシェアして食べた方が良さそうだ。それにしても、インド料理店でここまでやるとは恐れ入った。


・今回紹介した店舗の情報

店名 シターラ・ティアラ伊勢丹新宿本店
住所 東京都新宿区新宿3丁目14−1 伊勢丹新宿店B1
営業時間 10:30~20:00
定休日 なし(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24