涼しくなってきたとともに、タピオカブームも落ち着いてきた──と思っていた矢先の2019年9月9日、叶姉妹オフィシャルブログに「タピオカみたらし」という記事が上がった。叶姉妹のお二人が長年お気に入りだという銘店・赤坂青野の期間限定商品「冷やしみたらし」を紹介する記事だ。どうやら『冷やしみたらし』は普通のみたらし団子ではなく、タピオカ粉が使われているよう。

お団子もタピオカも、普通は冷やすとすぐに硬くなってしまう食べ物だ。しかしこの『冷やしみたらし』は、美香さんいわく「もっちりモチモチで独特な食感」だという。叶姉妹に愛されるようなファビュラスなタピオカ、もとい「冷やしみたらし」は、冷やしても硬くならないというのか? 気になるので、しっかり冷やして食べてみた!

・容赦なく冷蔵

謎の『冷やしみたらし』を求め、東京・赤坂にある老舗和菓子店「赤坂青野」の本店へ向かった。

お店の外に『冷やしみたらし』の看板が。しっかりと「冷やしておいしい」とアピールしてある。冷やしても美味しいみたらし団子なんて、あまり想像つかない。

さっそく『冷やしみたらし(12個入り・864円)』を入手。12個のお団子たちがお行儀よく並んでいる。

冷蔵庫に入れて5時間、『冷やしみたらし』を容赦なくしっかりと冷やした。見た目は普通のみたらし団子だが、硬くなっていないのだろうか?

いただくために、菓子切りで切ろうとすると……弾力が凄くてなかなか切れない! 5時間冷やしていたにもかかわらず、ぷにぷにっとした手応え。

ぶにぃっと菓子切りが埋まり、やっとお団子が切れた。その断面は、なんだかカマボコのよう。果たしてその食感は? いざ、食べてみる。

んん……? よく冷えていて味も美味しいが、今まで食べたことのないような謎の食感。お団子と言われればお団子だが、タピオカっぽさも感じる。モチモチとはいえ、お餅のような食感ではなく、どちらかというとプリッとしている

美香さんが「もっちりモチモチ」だけでなく「独特な食感」と表現していたのも頷ける。確かに独特だ。この不思議な食感をもっと味わいたく、次のお団子へ菓子切りを埋める。

濃厚な甘じょっぱいタレをたっぷりと絡め、お団子の不思議な食感とともに楽しむ。夢中で頬張り、気がつくと12個もあったはずの『冷やしみたらし』はなくなっていた。5時間冷やして硬くなるどころか、新しい食感を楽しませてくれるとは。まさにファビュラス

・暑い間だけ出会える『冷やしみたらし』

赤坂青野の店員さんによると「『冷やしみたらし』は冷やしても硬くならない」そうだが、その理由を伺ったところ、「通常のお団子とは違い、小麦粉とタピオカ粉を絶妙な配合で混ぜているから」とのこと。『冷やしみたらし』のデビューは昨年と新しい商品だが、老舗だからこそなせる技なのだろう。

ちなみに、『冷やしみたらし』は夏季限定、「暑い時期にだけ」販売する商品らしい。今年は9月半ばを過ぎたにもかかわらず、まだまだ暑い日もあるため、まだ販売終了時期を決めておらず、10月半ばぐらいまで販売する予定のようだ。

とはいえ、予想よりも早く涼しくなった場合、もっと早くに販売終了してしまう可能性もあるという。大丸東京店を除いた赤坂青野の全ての店舗で購入できるため、ファビュラスな『冷やしみたらし』が気になった方は、ぜひお早めに。

・今回訪問した店舗の情報

店名 赤坂青野 本店
住所 東京都港区赤坂7-11-9
営業時間 月~金 9:00~19:00 / 土 9:00~18:00
定休日 日・祝祭

参照元:叶姉妹オフィシャルブログ
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「タピオカ行脚」

▼新顔の「冷やしみたらし」にも負けない赤坂青野・夏の定番、水ようかん「小豆流し羹」。

▼見た目は柔らかな水ようかんだが、実は「小豆流し羹」も独特な食感の持ち主。プリッとした食感と、見た目よりも濃厚な小豆の風味。気になった方はこちらもぜひ。

▼シャインマスカットが丸ごと1粒入った「マスカット大福」と、レモンの全てを白あんに混ぜ込んだ魅惑の「レモン大福」。

▼月替わりの上生菓子、美しい「桔梗」と「秋桜」。他に可愛いうさぎさんモチーフの「月うさぎ」もあるが、完売していた。

▼季節の生菓子「栗すがた」と「栗しぼり」。同じ「栗」を使った生菓子でどちらも美味しかったが、栗の使い方がそれぞれ全く異なるのが面白い。