西日本は島根県出身の私(佐藤)にとって、ヨーグルトといえば「チチヤス」である。広島県に本社を置く乳製品のメーカーで、創業130年の歴史を持つ老舗中の老舗だ。私は最近まで全国区のメーカーだと思っていたのだが、意外と知らない人が多いことに気づき衝撃を受けた。

そんなチチヤスが期間限定で、東京・渋谷109の地下に出店しているらしい。これは行くしかないと思い訪ねたところ、そこにはおじさんがススるのにちょうどいい飲み物がいろいろあったので、ついでにいろいろススってきた。

・チチヤスのヨーグルセーキ

チチヤスが出店しているのは、2019年6月28日に地下2階をリニューアルして誕生した「MOGMOG STAND」だ。ここはタピオカミルクティーやクレープなど、女子に人気の品々が集結したスイーツ専門フロアである。


そのなかにある「イマダキッチン」でチチヤスの商品を注文することができる。イマダキッチンとは、この世に “未だ” 出ていないオリジナルフードを提供するお店とのことである。


チチヤスとイマダのコラボにより誕生した不世出のフードとは、「ヨーグルセーキ」である。チチヤスのヨーグルトを使ったシェイクだ。


私が注文したのは、バナナヨーグルセーキ(税別430円)。


一口飲むと、久々に味わうチチヤスヨーグルトの味。やや酸味が強く、バナナの甘さが際立つ。懐かしい……実家にいるとき、食卓にはいつもチチヤスヨーグルトがあったなあ。何だか感慨深い気持ちになった。


・ROAR BROTHERSのプロテインシェイク

飲み終えて帰ろうとしたら、他のお店の立て看板が目に入った。プロテインだと!?


そのお店は、コーヒー専門店の「ROAR BROTHERS」。コーヒータピオカプロテインシェイク(税別530円)という、誰をターゲットにしたのか良く分からない飲み物を発見した。あいにく、私はタピオカを好ましいものと思っていないので、タピオカなしのプロテインシェイク(税別480円)を注文した。


これ1杯に約25グラムのプロテイン。エスプレッソをダブルで入れているそうなのだが、苦味はなく、むしろ甘い仕上がり。ポールダンスの練習帰りに飲みたい1杯である。


・ViTOのベラート

飲み終えて帰ろうとしたところ、他のお店の立て看板が目に入った。ジェラートはわかるけど、「ベラート」ってナニ?


そのお店「ViTO」のスタッフに聞くと、ベラートとはジェラートを使ったシェイクとのこと。飲めばわかるか。ということで、プレミアム塩バナナキャラメルベラート(税別600円)を注文。


見た目以上にボリュームがあり、これ1杯でお腹がやや膨れる。バナナジェラートと塩キャラメルソースの相性がとても良く、ススり甲斐のあるドリンクだ。


・ストロベリーフェティッシュのストロベリーミルク

飲み終えて帰ろうとしたところ、またしても他のお店の立て看板が目に留まった。イチゴ飴の専門店「ストロベリーフェティッシュ」のストロベリーミルク(税込550円)だと!?


ウマそうだな。いや、ウマいだろ。これは飲むっきゃない! ということで迷わず注文。


なんちゅうインスタ映えする見た目。本来であれば、私のようなオッサンが注文すべきではない品であることを注文してわかった。下に沈殿しているのはイチゴソースかな? と思ったらコレ、イチゴシャーベットだった!


飲む段になって、「良くかき混ぜてください」と言われた理由に気付いた。コレなかなかススれねえ~。


まさかここに来て、ススるのに苦労するとは。という訳で、1番ススりにくいのは、ストロベリーフェティッシュのストロベリーミルクである。何かの参考にしてくれたまえ。ではまた!


・今回訪問した施設の情報

名称 SHIBUYA109 MOGMOG STAND
住所 東京都渋谷区道玄坂2丁目29−1 地下2階
営業時間 10:00~21:00
定休日 なし(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24