ジャーン! ジャーン!! ジャーン!!!! 三国志ファンのみんなー! 東京国立博物館 平成館で開催中の特別展「三国志」にはもう行ったかな? 私(沢井)も先日、ようやく見にいくことができたのだが、もうその場にいるだけで感動!! 何度でも足を運びたい、いやもう住み着きたいレベルだ。

さて展示も素晴らしかったのだが、こういう特別展では「グッズ」も気になるところ。物販ブースを覗いてみたところ……これは!? 遊び心あふれるユニークなグッズであふれており、思わず財布のヒモがゆるゆるに。もはやこれは孔明の罠かもしれない。

・特別展『三国志』

2019年7月9日(火)より東京国立博物館 平成館で開幕した特別展「三国志」(~9月16日(月・祝))。貴重な文物の展示はもちろんのこと、三国志をより “リアル” に感じられる仕掛けがいっぱいなのが特徴だ。

たとえば曹操高陵(そうそうこうりょう)の一部を実寸大に再現した展示は圧巻のスケール! また『三国志演義』やゲームで張飛の武器として知られる「蛇矛(じゃぼう)」について、ゲーム版のデザインを『三国志演義』のサイズで再現したものと出土したものとの比較など、その迫力を体で感じることができる。

また個人利用に限り、展示物の写真撮影OK※というのも嬉しいところ。SNSで実際に撮影された文物の写真を見たという人も多いだろう。私もたくさん撮り、見返してはニヤニヤしている次第だ。(注※動画、フラッシュ撮影、三脚や自撮り棒など撮影機材を用いた撮影は禁止となります。)

・グッズの遊び心がヤバすぎ / 勝手にオススメ3選

さて、こういった特別展のグッズといえば、展示作品の写真をプリントしたクリアファイルなど「お堅い」イメージがある。

だが、今回はそれだけじゃなかった! スタンダードなグッズのほか、思わず「むむむ(笑)」となってしまうラインナップだったのだ。ということで、主観で恐縮だが、これから行く人に是非知ってもらいたいグッズをドドンと紹介するぞ!(※グッズは一時欠品、完売となる場合もあります)


【クッキー型(各1200円)】※以下、価格は全て税込(8月現在)

グッズ売り場に着いて、真っ先に目に入ってきたのが「クッキー型」だ。こちらなんと、印章や石刻など三国志の文物をかたどったものになっているのだ! 

たとえば曹操直筆の書と言われる「袞雪(こんせつ)」。曹操の書がクッキーとして現代に甦るとか、何だか訳がわからないが胸アツ! 誰得なのか自己満なのか……意味不明を通り越した未来がそこにあった。

ほかにも「曹休印」「偏将軍印章」「赤壁」「関内侯印」が展開されている。ちなみに、こちらのクッキー型はパンにも押せたので、お菓子作りをしない人も十分に楽しめるだろう。朝ごはんに赤壁パンなんて、想像するだけでニヤっとしてしまう。


【横山光輝 漫画『三国志』Tシャツ(3200円)】

「桃園の誓い」と呂布の「だまれ!」の2種類。桃園の誓いはいいとして……「だまれ!」はどこに着ていけばいいのか。ここぞという場所に着ていきたい……! いつかの戦(いくさ)のために買っておきたい。



【横山光輝 漫画『三国志』マスキングテープ(500円)】

なぜそのシーンを選んだのか!? テープ1巻で、延々と「むむむ」や「だまれ」が続くマスキングテープだ。どこを切っても「むむむ」。どう使えばいいかわからないが、横山三国志ファンならつい手が伸びてしまうだろう。

ほかにも、「温州蜜柑でございます」の場面がパッケージにプリントされたクッキー、NHK「人形劇 三国志」や「三國志」「真・三國無双」とのコラボグッズ、ほぼ中国でしか手に入らない「孔明扇」や「三国志トランプ」など現地ならではのグッズも多く見られた。これは、グッズのためだけに入場しても後悔しないレベル……いや、入ったからには展示もガッツリ見ますけどね!

・三国志をリアルに、そして親しみを感じる

工夫された展示ブースに、ユニークなグッズ展開。ディープなファンなら思わずニヤリ、ライトなファンも「おおー!」と興味がそそられる仕掛けがいっぱいで、より身近に感じられる……そういう意味で「リアル三国志」なのかもしれない。

東京での会期はちょうど折り返しを迎えたところだが、今からだって遅くはない! 10月1日(火)からは九州国立博物館での展示がスタート。また、8月24日(土)には展示の総指揮をとった東京国立博物館の研究員・市元塁さんの裏話が聞けるイベント『みんなでリアル三国志』も控えているぞ。

なお、今回、ご紹介したグッズについては8月15日現在、在庫がまだあるとのことなので心配しないで! 興味がある人は是非足を運んでみよう。

・今回ご紹介したイベントの詳細データ

イベント名 日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

【東京国立博物館 平成館】

住所 東京都台東区上野公園13-9
開催期間 2019年7月9日(火)~9月16日(月・祝)
時間 午前9時30分~午後5時 ※金・土曜は午後9時まで (入館は閉館の30分前まで)

【九州国立博物館】

住所 福岡県太宰府市石坂4-7-2
開催期間 2019年10月1日(火)~2020年1月5日(日)
時間 午前9時30分~午後5時 ※金・土曜は午後8時まで (入館は閉館の30分前まで)

参考リンク:日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」公式サイト
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼クッキー型はアイディアが本当に秀逸

▼ほかにこんなグッズも! 孔明の白羽扇ふせん(800円)

▼孔明ごっこが捗る

▼でも付箋として使うとただの羽に! これは普段使い用と保存用が必要じゃないか……ああ、これって、これって……

▼「孔明の罠だ(横山光輝 漫画『三国志』マグネット / 500円)」

▼東京での会期は後半に入ったが、三国志界隈はまだまだアツい