健康ブームに後押しされて、近年特に注目されるようになった玄米。「毎日でも食べたい」という人だっているだろうが、玄米ゆえに炊くのが面倒だったり、お弁当を買うにも値段が高かったりする。ズボラなフリーターの私(hirazi)には切実な悩みなのだ。

そんな悩みを解決するかのように、発芽玄米のお弁当を税込350円で販売するお弁当屋さんが、池袋でひっそりと営業しているので紹介したい。ちなみに私は昼と夜の2食を、このお店のお弁当で済ませることもあるくらい、ヘビーユーザーである。

・赤いのぼりが目印

そのお弁当屋さんは、発芽玄米としっかりおかずの「いろは」。JR池袋駅 東口から駅を背にして明治通りを歩くこと約5分、「お弁当」という文字が書かれた赤いのぼりが目印だ。昔なつかしい感じのたたずまいで、店を構えている。

歩道にむき出しになっているレジとディスプレイ。そして手書きのメニューやサラダのクリアパック。350円で販売するために経費削減を頑張っているのかな? なんて思わずにはいられない。まぁ実際そうなのかは知るよしもないが。


・おかずは日替わり

お弁当のメインは発芽玄米だが、おかずにも妥協はない。肉と魚のお弁当がそれぞれ、日替わりで用意されている。この日、筆者は魚が食べたい気分だったので、お魚の日替わり弁当『パンガシウスのピーナッツソース弁当』を購入。

取材の日に限ってトリッキーなお弁当だったが、味付けはバッチリ。メインの魚は酸味が効いており、主役である発芽玄米を口にかきこみたくなる味だ。切り干し大根や酢の和え物など、ヘルシーなおかずが付いているのも嬉しい。


・納得の発芽玄米

お箸からこぼれ落ちてしまうパサパサな玄米や、柔らか過ぎて、おじやみたいにベチョベチョな玄米だったら、いくら安くても食べたくはないだろう。

安心して欲しい。「いろは」の発芽玄米は、お箸でしっかり掴めるし、噛み応えも程よいので、美味しく食べることができる。もちろん、高価なお弁当の玄米と比べてしまうと酷かもしれないが、なんせ「いろは」のお弁当は350円。圧倒的コスパと言えよう。


・時間帯によっては売り切れも

筆者はいつも、13時30分くらいにお店に行くのだが、目当てのお弁当が売り切れていることもしばしば。どうやら電話での来店予約もできるようなので、食べたいお弁当がある場合には活用するといいだろう。昼の部と午後の部でメニューが変わるという点には注意をして欲しい。

なお、電話番号と毎日のメニューは「いろは通信ブログ」から確認できるぞ。発芽玄米の豆知識なども配信されているので、発芽玄米フリークの方はこちらも要チェックだ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 いろは
住所 東京都豊島区東池袋1-35-1
時間 11:00〜14:00 / 16:30〜20:00
休日 土・日・祝

参照元:いろは通信ブログ
Report:hirazi
Photo:RocketNews24.