「エヴァ酒場の取材なんて、無理だよそんなの! 見た事も聞いた事もないのに出来る訳ないよ!!」 なら帰れ? いや、取材させてくださいお願いします。

ということで、期間限定(2019年4月20日〜9月1日)で池袋46食堂とコラボした “エヴァンゲリオン酒場” を訪ねてみました。作りこまれた世界観がたまらなかったのでお付き合いください。

・再会……

エヴァンゲリオンといえば1995年の放送で、一躍社会現象を巻き起こした伝説のアニメ。監督の庵野秀明さんは “シン・ゴジラ” を手掛けたことでも有名ですね。放送から20年以上経った今でもその人気は衰えず、来年(2020年)には劇場版完結編の公開を予定しています。

劇場版公開の余興として、半年ぶりに帰ってきたエヴァンゲリオン酒場がこちら。


まぁ、お店の外観にエヴァっぽさというか、秘密基地感はないんですが……。作品の世界観とは程遠い、ごく一般的なエレベーターに乗り、開いた扉の先は、エヴァ感 “全開” でした。


これはこれは、特務機関ネルフの碇ゲンドウ司令。言うまでもなく、人類補完計画の総責任者であり、碇シンジの父親です。「エヴァンゲリオン酒場で飲め。(飲まないなら帰れ)」と圧倒的貫禄でアルコールハラスメントを漂わせるような威圧感でお出迎え。これは飲まない訳にはいかないなぁ(ニッコリ)。

・初号機、出撃

店の中はエヴァ一色。作品の楽曲の代名詞とも言える、高橋洋子さんのメドレーに合わせて、3つのモニターで流れる映像。エヴァ好きには堪らないですね。作品にちなんだ楽しいメニューを眺めてると、店員さんが何やら持って来てくれました。


手にしていたのはお通し。エヴァをイメージした4つの小鉢から好きなものを選べるそうです。私(瀧川)は再現度が高い “初号機” をイメージした小鉢(ポテトサラダ)を取りました。

店員さんも割とノリノリで、お隣さんに「サービスサービスぅ」とフライドポテトを出してました。

・使徒、襲来

とりあえず注文したのは “加地農園で作りたかった枝豆” とミサトさんの “生ビール” ですね。作中では複雑な関係にあった二人ですが、居酒屋のメニューとしては最高のコンビ。


「プッハァ!! やっぱコレだわ~!!」ってやりたくなります。


気持ち良く飲んでご機嫌な私のもとに、出てきたのがこちら。


第三使徒 “手羽サキエル” !! 特徴的な両手(手羽先)に禍々しい頭部(ゆで卵)、そして赤く光る核(ミニトマト)。よもや自分が使徒を捕食する立場になるとは。

手羽先エルをペロリと平らげ、調子の乗ってMark.06をイメージした青いワインを注文。白ワインを着色してるんだと思いますが、味では赤か白かわかんなかったです。もしかしたら私はこの時、すでに暴走していたのかもしれません……。

・ギリギリの注文

そんなやや暴走気味の私が、次に頼んだのはテンプラ。その名前に戸惑いを隠せませんでした……。


店員 「お待たせしました、大人のキスよ、です(小声)。」
瀧川 「ありがとうございまーす」

“大人のキスよ” です! ミサトさんの名台詞キターーーッッッ!! ごちそうさまです!

〆に頼んだ “ネルフ本部チャーハン” もあっという間に完食。ビーストモードで飲み食いし放題でしたが、気になるお会計は……。


・ファンなら一度は体験したい世界観

飲んで食べてお会計は3043円でした。現金がなくて「あんたバカァ?」ってなりましたが、逃げちゃダメなのでカードを切りました。お土産に “委員長のお弁当” とかあったら嬉しかったですが、世界観・接客・価格設定ともに大満足でした!

なお、今回紹介したメニューは期間限定のモノもあるので、ご注意ください。

・今回訪問した店舗の情報

店名 エヴァンゲリオン酒場
住所 東京都豊島区東池袋1-29-4 成田ビル 4F
営業時間 ランチメニュー 11:30~14:00
日程 2019年4月20日~9月1日

参照元:エヴァンゲリオン酒場
Report:瀧川丈太朗
Photo:RocketNews24