2015年、コーヒーチェーンのスターバックスは全国47都道府県すべてに出店して全国制覇を果たした。だが、その昔は都会にしかお店がなく、私(佐藤)のような地方出身者には難易度の高いお店のひとつだった。なにしろ、注文の方法がわからなかったのだ……。

最近になって気づいたことがある。それは、オムライス専門店の「ポムの樹」もオーダーの難易度が高いということだ。種類が豊富で、サイズや中身をアレンジできると聞いた。怖くて行けなかったのだが、実際に行ってみると種類が豊富なだけでなく、そのほかにも驚きの連続だった! こういう店だったのかーーッ!

・はじめてのポムの樹

私が訪ねたのは、渋谷のお店である。外階段を上がって、お店の入り口までたどり着いたのだが、中に入る勇気がない。時間は昼すぎ。きっと店内は若者だらけ。女子も多いはずである。

そんななかに白髪交じりのヒゲ面のおっさんが入ってもいいものだろうか……「オムライス」と「おっさん」、この2つの距離の遠さは重々承知している。だが、このままポムの樹を知らずに人生を終えるのは寂しい。せめて、その味だけでも知っておきたい。


幸い、混雑しておらず、誰からも冷たい視線を投げかけられることなく、席に着くことができた。よかった……。


■驚きその1.麻婆豆腐がある!

まだランチの注文できる時間だった。テーブルの上のランチメニューを見てみると……。そこには第1の驚きが待っていた!


ドリンクとデザートがセットになるランチメニューのひとつに……。麻婆豆腐があるッ!


オムライスと麻婆豆腐って合うんだ。洋食屋さんで中華、う~ん……。まさか早速こんな形で洗礼を受けるとは。


■驚きその2.サイズと中身が選べる

次にメニューを見ていて驚いたのは、サイズと中身が選べることだ。噂には聞いていたが、Lサイズの量にビックリ! 最小のSSサイズがお茶碗1.3杯分・たまご2個であるのに対して、Lサイズはお茶碗5.5杯分・たまご6個だ。女子が来る店だと思っていたのだが、デカ盛りチャレンジするおっさんも来ているのだろうか……。


さらに中身は、バターライス・ケチャップライス・和風ライスの3種から選択できる。さっきの麻婆豆腐は何で食べるのが正解なんだ? バターライスと麻婆豆腐は合うのか? 気になる……。


■驚きその3.糖質オフメニューがある

さすが時代の流れ。ここにも糖質制限の波が来ている。なんと糖質を抑えたメニューが存在した! ご飯の代わりにあいびきミンチや、こんにゃく米に変更できる。オムライスのライス抜き? ということはつまり、オムレツか……。


オフにはできないだろうけど、ご飯を抜くことでかなり糖質は抑えることができるようだ。


■驚きその4.種類が多すぎる

公式ページには常時約40種類のオムライスを用意しているとあったが、実際にメニューを見てみると、先ほどの変わりオムライスを抜きにしたレギュラーメニューだけでも42種類あるじゃないか……。


多すぎる。オムライスってケチャップだけじゃないのか。トマトソース・ケチャップ・デミグラスソース・ハヤシソースに。


エビ・和風。


創作・クリームソース・カレーソースとジャンル分けされている。和風って創作じゃないんだ。


なかでも和風と創作ゾーンはすごい。和風おろしや和風スープ……。


明太マヨネーズやとろろ明太子って……。パスタやん! それパスタのヤツやん!!


いかんいかん。どうやら、私の頭が固いらしい。パスタがOKでオムライスがダメっていう理屈はないな。ちなみにメニューはこのほかにオムライスドリアもあった。到底選び切れん……。


■驚きその5.オムライス小説がある

卓上の驚きはメニューだけじゃない。料理が運ばれてくる間に読むことができる、オムライス小説があった!


「オムライス純文学」と書かれた見開き1枚のこの作品、なんと第6話まである!!


このお店はオムライスの総合エンターテイメントレストランといっても、言いすぎではないだろう。


驚きというほどではないが、1つ気になったのは、アンケートに落書きをする若者が多いらしい。メモ代わりにしちゃダメだぞ!


■驚きその6.味噌汁が小さい

私が注文したのは、「チーズハンバーグの和風ハヤシオムライス」(税込1512円)。もう何ライスなんだか、訳がわからないのだが、それにランチドリンク(税込150円)とランチサラダ(税込86円)をつけた。注文後にまずはドリンクとサラダ、それにオムライスについている味噌汁が来たのだが……。


味噌汁小さい……。シングルエスプレッソかよ、イタリア人がチビチビ飲んでるヤツだろコレ。


まあ、味噌汁で腹いっぱいになっても仕方ないしね。


■驚きその7.ひじきと切干大根

待ちに待ったオムライスが来た! これってあのチーズハンバーグの和風ハヤシオムライスか。オムライスの上にはチーズの乗ったハンバーグ。その上にはソテーしたタマネギと海苔かな?


いや、待てよ。ちょっと違うな。パセリの下にあるのは……。


ひじきと切干大根だったーーーッ! これは予想外。完全に裏切られた気分!


もう完全に想像を超えている。こんなに自由なんだ、オムライスって。「オムライス = 洋食」と思っていたけど、和の食材と合わせても全然問題ない。和風ハヤシだから、ソースに出汁を使用しているので、ひじきも切干大根も食べて違和感がない。


■もっと店が増えてもいい

散々驚き倒して、さすがに疲れた。実際に食べてみると、とろ~りたまごと和風ライス、そして出汁のきいたハヤシソースが良く合っている。Sサイズを注文したのだが、結構なボリュームでおっさんの私でもかなり満腹になったぞ。


それにしても、これほどまでにオムライスが自由とは知らなかった。パスタやカレーのチェーン店はたくさんあるのに、オムライスのチェーンがそこまで増えないのはどうしてなのだろうか?


ファストフード感覚でもっとオムライス専門店が増えると良いなと思った次第だ。大変満足だったので、また訪ねたいと思う。

・今回訪問した店舗の情報

店名 ポムの樹 渋谷スペイン坂店
住所 東京都渋谷区宇田川町13-7 子安ビル 2F
営業時間 11:30〜23:00 土日祝11:00〜23:00
定休日 不定休

参考リンク:ポムの樹
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24