駅のホームでよく見かけるものといえば何だろうか? ベンチ、ゴミ箱、売店、立ちそば屋あたりが定番のはずだが、自動販売機も大体の駅に置いてあると思う。基本的には飲み物がメインで、たまにパンが買える自販機もあったり……とまあ、こんな感じだろうか。

これは先日、私(あひるねこ)がJRの駅のホームで電車を待っていた時の話だ。喉が渇いたので何か飲もうと自動販売機を探したところ、近くに1台だけ奇妙な自販機が設置してあることに気付いた。何だあれは……? 近寄ってみると、そこには!

・JR中野駅にて

本題に入る前に、少しだけ話を戻そう。私がその自販機に出会ったのは、JR中野駅の1・2番線ホームである。中央・総武線各駅停車の黄色い車両が停まる、中野駅の中では比較的空いている乗り場だ。

・奇妙な自販機

そこで私は、何やら通行人の注目を集めている1台の自動販売機を発見した。と言っても、別に最新型というワケではなさそうだし、何かあったのだろうか?

恐る恐る近付いてみると、ん? なんだ、普通の自販機じゃ……いや違う!? こ、これは……!


フィギュアの自販機だッ!!!

・フィギュア専門機

そう、驚くことにその自販機、『コップのフチ子』や『シャクレルプラネット』といったフィギュアしか売っていないのである。たしかに中野はサブカル色が強い街ではあるが、なぜこんな自販機が駅のホームにあるのか?


どうやら お金を入れてボタンを押すと、商品が下からガタン! と出てくるシステムのようだ。ガチャガチャのようなタイプではなく、形も仕組みも飲み物の自販機とほぼ変わらないのが面白い。知らない人は驚くこと間違いなしである。

・買ってみた

さて、せっかくだから私も何か買ってみよう。と言ってもフィギュアには疎く、どれにしようか悩んだ結果、先ほどから渋いオーラを放ちまくっている『歴代郵便ポスト』、キミに決めた! 値段は300円。さっそく お金を入れて……。


ボタンを押す。すると、


\ ガタン! /


出てきた。


その後、会社に戻り組み立ててみると……うむ、なかなかいい感じである。

しばし眺めていたら「それどうしたの?」と聞かれたので、「駅のホームで買いました」と答えたら「は?」みたいな顔をされたぞ。私は別に間違ったことは言っていないが?

・フィギュア販売は1台だけ

後で駅員さんに尋ねたところ、中野駅に設置されているフィギュアの自販機はこれ1台とのことだった。一見ごく普通の自販機なので、気付いていない人も多いのではないか。中野駅に立ち寄った際は、ぜひこの珍スポットをのぞいてみて欲しい。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼一見ごく普通の自販機だ

▼300円で買った『歴代郵便ポスト』

▼けっこう凝っている

▼自販機はJR中野駅の1・2番線ホームにあるぞ