以前までのオレは「T字(ティージ)」の男だった……が、つい数カ月前に「電気」の男になった。何の話かって、ヒゲソリのことさ。電気シェーバーの使い心地は快調で、ヒゲを剃るのが楽しかった……が! つい最近、気になる情報を入手した。

情報源はK.ナガハシ。彼いわく、「えっ、両刃カミソリ使ったことないんですか! すごく深剃りできますよ。しかもダイソーにも売っているらしい……」と!! なんと深剃りが100円で! ということで都内のダイソーを探し回ったところ……


\(^O^)/ ありました〜 \(^O^)/


開封すると、ホルダー&替刃が2枚。とにかく人生初の「両刃カミソリ」なので、物珍しく眺めまくった。お恥ずかしい話だが、カミソリと言われて思いつくのは「スケバン」か「レイザー・ラモン(プロレスラー)」くらいなもので……


これがヒゲソリになるとは知らなかった!!


……のである。なんともまあ、お恥ずかしい……。恥ずかP(ピィ〜)!!

それはさておき、さっそくセットしてみる。プラスチック製のホルダーの軸の部分をクルクル回して頭の部分を外しまして〜

両刃カミソリをセットして〜

ふたたびクルクル回せばセット完了!

絶妙なカーブの隙間から、両刃カミソリの先っちょが、ちょこっとだけ顔を出している。なるほど、これが「両刃カミソリ」の「ヒゲソリ」なのか……。しかし、こんな「ちょこっとだけ」で、本当にヒゲが剃れるのかしらん……?


ということで……


口ひげの片方を電気シェーバー、もう片方をダイソーの両刃カミソリで剃ってみたところ……


!!!!


これは……!!

剃ってる最中にわかる……

わかる!

深剃りできていると……わかる!!

剃り終えた結果、愛用の電気シェーバーもなかなかの深剃り野郎なので、パッと見の差は感じにくいが……

近づくと、ビミョ〜〜〜に「両刃カミソリ」のほうが深剃りできているような気がする。……気がするだけかもしれないが、ともかく深剃りできるってのは本当だった。少なくとも、たった100円のカミソリでここまで剃れるなら上出来であろう。


ふと気になって調べてみると、両刃カミソリってのは、1900年初頭に発明されてから、ほとんど基本的な構造が変わらないまま今に至るらしい。たった100円で体験できる、100年以上の歴史を持つヒゲソリ体験。100円で感じる温故知新だ。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

▼さっぱり!

口ひげ落としました

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on