「大きなプリンにかぶりつきたい……」子どものころに、誰もが一度は抱いたであろう夢をかなえてくれる商品がある。その名も『まほろば大仏プリン(大)』は、なんと人の顔ほどあろうかというビッグサイズだ。

食べても食べても減らないプリン。今では奈良県の名物になっているが、販売する店舗のビジュアルは一度見たら忘れられないほどの可愛さだった。ちょっとしたレジャー施設に来たかのような気分になれる販売店、 “プリンの森” についてお伝えしていきたい。

・プリンのような形をした本店「プリンの森」

「まほろば大仏プリン」を販売する “まほろば大仏プリン本舗” は奈良県内に7つの店を構える。いずれも地元客はもちろん、観光客や修学旅行生で終日大にぎわいだ。つまりはあちらこちらで大仏プリンを買うことができる。ただ、ぜひ足を運んでほしいのは本店 “プリンの森” 。

その理由はたった一つ、建物がめちゃんこ可愛い──からだ。プリンをイメージしているであろう造りで、クリーム色を基調とした壁&屋根はカラメルのような茶色。まるでプリン王国から飛び出してきたかの如しである。

入り口の扉には、大仏様がドンと描かれており「一体全体、私はどこにいるんだろう」という気分になって来るから不思議だ。店内はあいにく撮影禁止だったが迷路のように入り組んでおり、螺旋階段があったりとワクワクが詰まったメルヘンチックな空間であった。

・ソフトクリームもあるぞ

店内だけでなく外にはブランコなどが設置された庭もあるので、その場で購入した「まほろば大仏プリン(大・864円)」を心置きなく食べることができる。「大きすぎるので食べ切る自信がない」という人はプリンをお土産にして、その場で気軽に食べられるソフトクリーム(378円~)にするのもオススメだ。

そのほか、大仏さんの顔が描かれたジャーにいれてくれるアイスティー(648円)などドリンクも充実しており、ちょっとしたブレイクタイムにも重宝しそう。なにより空間が楽しいので、その場にいるだけでリフレッシュできること間違いなしだぞ。

食べられる大きなプリンを作るだけでなく、実際に自分自身がプリンに包まれている気分まで体感させてくれるとは嬉しい限り。プリン天国は言うまでもなくSNS映えも確実だ。口に入れるだけでなく、いろいろな楽しみ方のできる “まほろば大仏プリン本舗” 。 今後も老若男女問わず人気を博しそうだ。

なお、奈良県でしか買えないかというと心配はご無用。通販で購入することもできるので、大きなプリンにかぶりつきたい夢を持つ人は、一度ポチってみるといいだろう。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 本店プリンの森・カフェ
住所 奈良県奈良市奈良阪町1073
時間 11:30〜17:30(LO17:00)
定休日 不定休

参考リンク:楽天「まほろば大仏プリン本舗」
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼これがプリンの森だっ! 

▼駐車場のコーンもプリンカラー

▼広いお庭もある

▼何より大きなプリンが嬉しい。カスタードと大和茶。

▼人の顔サイズだぞ

▼懐かしい味わいです