今回は注意喚起の意味をこめて、私の失敗談をお伝えしたい。ことの発端は(64)だった。「テレビで紹介されてた100円のパイプクリーナーが欲しい!」と言うので、2人でダイソーに行って『パイプクリーナー』なる商品を、それぞれ無事に入手した。

実家に帰るまでの車中、2人してソワソワしながら「早く掃除したいねぇ」「髪の毛とかゴッソリ取れるらしいよ」と語り合い、母を送り届けて即解散。母も私も、それぞれ一刻も早くパイプクリーナーでの髪の毛ゴッソリ体験をしたかったのである。

私も急いで帰宅した。そしてすぐさまパイプクリーナー開封の儀へ。

なるほど、これが噂の『パイプクリーナー』か。

予想以上に超ロング……

これならS字にカーブしたパイプの奥まで届くことだろう……

そしてトゲトゲがまた……凶悪!

これを排水口に突っ込んで、ググッと引っこ抜いたら「ゴッソリ!」と髪の毛が絡みつく……ってか。

ターゲットはユニットバスの洗面台。なぜなら……

いちおう100円グッズの「排水溝ネット」は付けているが……

抜け毛の激しい私の猫っ毛は、こんな金網、簡単に突破しているに違いないからだ。

決定的瞬間「ゴッソリ!」を激撮すべくカメラを構え……

白き凶悪なパイプクリーナーを排水口にインサート。そして……

ググッ!!

……

ぬっ……ぬけない……!?

ぬけない!


ぬ け な い!



いくら引っこ抜こうとしても抜けない!



抜けないよ!!(泣) どうしよう(泣) やばいよここ賃貸! パイプ壊したらヤバイって! 母さん、これ、抜けないよ!! 母さーーーーんっ……

結局、半泣き状態でガシガシガシガシやってたら最終的には抜けたのだが、もう二度と、私がパイプクリーナーを排水口に入れることはなかったという。

その後、冷静にパイプを観察してみたら、「パイプクリーナーが出動するほどの長さがない」というか、そもそも「S字にカーブしたパイプ」ではなかった。たぶんだけど、こーゆーパイプには使っちゃいけないモノだったんだと思う。


ちなみに、あとあと聞いたら、母も母で失敗したらしい。というのも、母が「ゴッソリ」をしたかった洗面台の排水口は……

「レバーを押したらフタが開閉するタイプ」とでも言おうか。要するにパイプクリーナーを入れるための「穴(すき間)」が狭いタイプの排水口であり、うまいこと挿入できなかったとのことである。

というわけで、親子そろって失敗した。みなさんも、ダイソーの「パイプクリーナー」を試す前、あるいは購入する前の時点で、ご家庭の排水口ならびにパイプの形状を確認しておいた方が良いだろう。幸運を祈る。グッドラック。

Report:100均研究家・GO羽鳥
イラスト:マミヤ狂四郎
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証