最近は “駅前留学” しなくても、ネットで割安で外国人教師に英会話を教えてもらえるサービスなども充実し、英会話を習得する選択肢の幅が増えてきた。

そんななかでも「もっと安く手軽に英語を学びたい!」という人は、海外ドラマを利用しない手はない。そこで英会話をモノにしたいという人のために、おススメ海外ドラマ3作品を紹介することにしたい。

・英会話を学びたい人におススメのドラマ

View this post on Instagram

…30 years of family! ❤️

A post shared by Fuller House (@fullerhouse) on

その1:『フルハウス』
本作は、1987年~1995年まで8シーズンにわたり放送されたファミリーコメディで、妻に先立たれたダニーが男友達に助けられながら3人娘を育てる作品だ。今見るとケミカルウォッシュのジーンズや、爆発ヘアといったバリバリ80代ファッションが気になるかもしれない。だが、幼い娘ミシェルに話し掛ける時などは、ゆっくりと会話をするので聞き取りやすいのだ。

そして、2016年からNetflixで配信スタートしたリブート版『フラーハウス』もおススメである。こちらは『フルハウス』のように、ひと昔前のファッションは気にならないだろう。


その2:『フレンズ』
ニューヨークに住む仲良し男女6人組の恋や友情を描いたシリーズで、日本でも大ヒット! 一般の若者が経験するだろう仕事や恋の悩みなど、共感できるシチュエーションが盛り沢山なので、実際に使えるフレーズなどを学ぶにはピッタリだ。


その3:『ママと恋に落ちるまで』
時は2030年。主人公テッドがティーンエイジャーの娘と息子に、どのようにママと出会って恋に落ちたのかを語って聞かせるコメディドラマ。

本作は『フレンズ』と類似した設定で、ニューヨークに住む仲良し5人組の恋や友情が描かれ、テッドが未来に結婚する女性と出会うまでの紆余曲折な恋愛遍歴が物語りの中心となる。


・英会話習得にはシットコムがおススメ!

上に挙げた3作品をなぜ勧めたのかというと、全作品とも観客の笑い声が入ってる “シットコム(シチュエーション・コメディ)” と呼ばれるスタイルだからだ。笑い声は後から加えられるのではなく、抽選で選ばれたファンがスタジオに出向き、セットで演技するキャストを鑑賞しながら収録する流れとなる。

言ってみれば舞台と同じようなものなので、俳優はハッキリした口調で台詞を言うから聞き取りやすいのだ。さらに3作品とも地上波局が製作したドラマなので、英語がネイティブではない人にとって分かりにくいコテコテのスラングなども出てこず、英会話を学ぶにはピッタリなのである。

・日本のアニメやドラマも英語の勉強に使えるぞ!

そして発想を切り替えれば、日本の作品でも英語を勉強することが出来る。Netflixなどは外国人視聴者向けに、日本のアニメや映画に英語字幕を付けている場合が多いので、これもかなり使える。

普段よく使う日本語のフレーズが、「英語で言ったらこうなるんだ~!」と唸ってしまうこと間違いナシ。忘れないようノートにメモって復習すれば、かなり使える語彙やフレーズが増えていくのではないだろうか。

ドラマを見ながら楽しく学べば、きっと英会話の習得が早くなるはず。上手に海外ドラマを利用して、英語力に磨きをかけて頂ければと思う。

参照元:FRIENDS(英語)
執筆:Nekolas

▼『フルハウス』の予告編

▼『フレンズ』の予告編

▼『ママと恋に落ちるまで』の予告編