「スピンオフ」という言葉がある。映画やアニメなどの業界においては、ある作品のサブキャラクターを主役に据えた派生作品を指す言葉だ。サブキャラの熱い活躍が描かれることが多く、筆者は「スピンオフ」と聞いただけで脊髄反射的にワクワクしてしまう。

さて、これからご紹介するのは、例えるなら「ラーメンのスピンオフ」だ。ラーメンの主役と言えば麺やスープだが、名脇役であるチャーシューを忘れてはならない。超大型のチャーシューが丼からあふれ出し、麺とスープを圧倒して主役となっているラーメンが存在するらしいのだ。ワクワクしないわけがない。

・想像を越えるスケール

胸の熱くなるラーメンを提供しているのは、渋谷区幡ヶ谷にある『らーめん たけ虎』。京王新線「幡ヶ谷駅」から徒歩1分の距離に店を構えている。

一見普通のラーメン屋だが、筆者のフィルターを通して見れば、挑戦的な作品のメガホンを取った鬼才の雰囲気が漂っている。思えば麺やスープと同じくらいチャーシューだって美味しいのだから、それを主役に抜てきする手腕には何の文句もない。

入店し、メニューを眺める。「たけ虎らーめん(650円)」や「ちゃーしゅーめん(850円)」といった、あくまで麺やスープが主役のラーメンが並ぶなか……

今回の目当てである、チャーシューにスポットを当てた「大判(おおばん)ちゃーしゅーめん(1480円)」を発見。あ、これです! これのチケットください!

ワクワク感のままに注文を済ませる。一体どんなラーメンがお目見えするのだろう。期待に胸膨らませて待っていたところ、5分ほどでラーメンが到着。


お前、ラーメン……だよな?


やってきたのはチャーシューが主役どころか、ほぼほぼチャーシューの1人舞台みたいな丼だった。巨大なチャーシューが放射状に広がって、丼のふちからあふれて垂れ下がり、麺とスープを覆い尽くしている。普段は主役のメンツが完全に食われている。存在感皆無。

いやもう、麺とスープどころか、はみ出すチャーシューで丼すら見えない。店員さん、放射状のチャーシューを宙に浮かせながら持ってきたわけじゃないよな?

恐る恐る視線を下げると、チャーシューの隙間から辛うじて丼が見えて一安心。それにしても、なんという光景だろう。まるで肉の滝だ。

逆に上から見下ろしてみると、また違った景色が目に映る。丼の湾曲に沿ってチャーシューが並べられているため、中央がへこんでいる。肉の盆地だ。

まさか肉が大自然を織りなすとは。世界は広すぎる。想像の何倍も強烈なラーメンに、心躍らずにいられない。

・拍手を送りたい内容

高まる興奮を感じつつ、いざ実食。まず手をつけるべきは、何と言っても視界を大きく占めるチャーシューだろう。

照り光る脂身めがけてかぶりつく。歯が食い込んだ先から、成熟した旨味がジュワッと弾け出てきて口の中に流れ込んでくる。最高だ。美味すぎる。柔らかな薄切り肉は食べやすく、薄くても大ぶりなので、とろけるようなジューシーさがふんだんに詰まっていて絶品。

また、一口にチャーシューと言っても、「大判ちゃーしゅーめん」に使われているのはモモ、バラ、ロース、肩ロース、ヒレの豪華な5種類。さまざまな味わいのチャーシューを楽しむことができ、こちらのチャーシュー欲をこれでもかと満たしてくれる。

あぁ、チャーシュー……今日のお前はとびっきり輝いてるよ。声を大にしてブラボーと言いたい。

とはいえ、食べ進めるうちに、決してチャーシュー以外が役割を失っているわけではないことに気付く。レンゲを沈ませたなら、地下水のようにスープが湧き出す。王道なあっさりめの醤油ベースの味は、チャーシューの濃厚さにまろやかな広がりを持たせている。

そして、そのスープやチャーシューの肉汁が絡んだ麺も何とも味わい深い。細打ちのモチモチとした食感が、チャーシューを食べ進める口に変化を与え、よりいっそう箸を止まらなくさせる。

・完成度の高い名作

先ほどは動揺のあまり存在感皆無などと言ってしまったが、麺もスープも、チャーシューを主役として引き立てながらも自身の魅力を放っている。チャーシューが前面に立ってはいるものの、やはり全てがそろってこそのラーメンなのだ。

「大判ちゃーしゅーめん」……それぞれのファンも納得の出来栄えである。驚くほど革新的でいて、なんという完成度の高さか。

チャーシュー好きにも、そうでない方にも強くおすすめしたいが、1日の数量が限られている点には気を付けてほしい。鬼才のラーメン店の放つ一品、堪能してみてはいかがだろうか。

・今回紹介した店舗の情報

店名 らーめん たけ虎
住所 東京都渋谷区幡ケ谷1-32-1
営業時間 月~金 11:00~15:00(L.O14:30)、17:00~22:00(L.O21:30)/ 土 11:00~15:00(L.O14:30)
定休日 日、祝

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24

▼麺もスープも覆い尽くす大型チャーシュー

▼肉の滝

▼肉の盆地

▼各種チャーシューに加え、ほぐした豚肉も

▼スープもウマい

▼麺もウマい