横須賀を代表するグルメといえば、もちろんカレーだ。海軍カレーパンなんか激ウマで、記者にとっては「学生時代の思い出の味」だったりする。しかし、この日はラーメン気分。横須賀に到着した瞬間、なぜかラーメンモード全開になっていた。絶対にラーメンが食べたい!

ということで、横須賀名物のラーメンを探していたところ、なかなか激しくヤバいやつを発見してしまった。その名は「ジャンボチャーシュー麺」。こちらよくある大盛りラーメンかと思いきや、運ばれてきた瞬間に思わず天を仰いでしまうレベルの超・超特大チャーシュー麵だったのである!

・上海亭

ラーメン気分MAXの記者が訪れたのは、京浜急行・横須賀中央駅から徒歩約5分の場所にある『上海亭』。店頭の案内によると、二段階で熟成させた自家製細麺がウリらしい。なるほど、よくわからないけど美味そうだ……とスルーして入店しようと思ったが、ラーメン気分を満たすために説明を頭に入れておこう。

どうやら、細麺に切り出してから麺を寝かせることで、小麦粉と水がよくなじみ、麺の中に含まれている空気が抜けて強いコシが生まれるそうだ。細麺でもコシがあり、のど越しも良いとのこと。よし、わかった……気がする。自家製細麺を思いっきり味わおうじゃないか。

・ジャンボチャーシュー麺

そんなわけで注文したのが、冒頭でお伝えした「ジャンボチャーシュー麺(900円)」である。地元で評判の大盛りメニューらしいが、900円なら “ちょうどいいサイズ” でやって来るだろう。と思っていたのだが、想像以上に……

ジャンボなのが来たな……


・ジャンボ過ぎ

威圧感ありまくり。両手でスープをすくって顔を洗えるレベルでジャンボである。マジかよ。マジなのかよ! いやでも待て……けっこう美味そうじゃないか? これはラーメン、ずっと食べたかったラーメンだ。気を取り直してモリモリいくぞ……!

・あっさり醤油味

食べる前にビビってしまったが、いざ食べてみると……あっさり醤油味だからけっこうイケる。思ったよりもイケる。昔ながらの懐かしい中華そばって感じで美味い。すっきりとした旨味が口の中に広がるな~。たしかに細麺はコシが強く、食べ応えありまくりだ。

いやしかし……麺が減っている気配がない。いわゆる普通のチャーシュー麺を食べるペースで麺とチャーシューを交互に食べ進めた結果、ビックリするほど麺が残っていることに気づいてしまった。麺が復活している可能性すら感じさせるほど減っていない。

・麺3玉分

聞くところによると、ジャンボチャーシュー麺には1玉約140グラムの麺が3玉入っていて、腹を空かせた地元の体育系学生たちが喜んで注文するらしい。たしかに900円でこのボリュームは神……だが、体育会系学生恐るべし。なんとか完食できたが、苦しくて死にそうである。

・次は絶対に……

学生時代はカレーパンばかり食べていたが、横須賀の街に、こんなにもジャンボなチャーシュー麺が潜んでいたとは……。おかげでラーメン気分は十二分に満たされたぞ、ありがとう上海亭。ただ、次に来る機会があれば、普通盛りを注文しようと思う

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 上海亭 横須賀中央店
住所 神奈川県横須賀市若松町1-4
時間 11:00~21:30
休日 火曜日

参考リンク:上海亭
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼麺が3玉分入っていて900円は安い!

▼ちなみに横須賀にはアメリカ以上に自由な「自由の女神」がいるぞ!