今年も始まった! 東京・下北沢で毎年開催されている、「下北沢カレーフェスティバル」。このイベントは下北沢の飲食店がこぞって参加するカレーの祭典である。

今年は一体どんなお店が出店しているのだろうか? 公式サイトで参加店舗のカレーを確認したところ、もっとも視覚インパクトが大きかったのは、「カフェティント」の『バラとミントのピンクオムカレー』だ。どんな逸品なのかと早速食べに行ってみたところ……インパクト絶大! インスタ映えすること間違いなしの一品だったッ!!

・約150店舗が参加

今年で6回目となるこのイベント。参加している飲食店は全部で149店。開催10日間ですべてのお店をまわろうと思ったら、1日14店舗を食べ歩かないと制覇できない。毎年規模を拡大しており、昨年はトータルで12万人もイベントに参加したそうだ。今回はさらに参加人数が増えるのではないだろうか。



・注目したのは、ピンクのオムカレー

約150ものカレーメニューを味わえるイベントで、もっとも注目したのは、バラとミントのピンクオムカレー(980円)だ。ピンクカレーといえば、鳥取県産のビーツを使ったレトルトカレーが有名だ。山形県産のさくらんぼを使ったピンクカレーも存在する。はたして、ここのカレーはどのくらいド派手な色合いなのだろう?

ちなみにこのお店は、種類豊富な「まかろんパフェ」で女子に人気のカフェだ。オムライスもまた種類豊富というか、自分好みにカスタムオーダーできる。いかにも女子が好きそうなお店なのだが、オッサンの私(佐藤)が入って大丈夫なのか……?


・女子に人気のお店にオッサン1人……

入店してみると案の定、男性1人の客は私だけ。ほかは女子のグループ2組と男女のカップル。隣のカップルはメニューを見ながら「かわいい~!」と連呼している。そう、ここのメニューは皆、可愛らしいのだ。オッサンの入って良いお店ではなかった

だが、ひるむことなく「ピンクカレー」とオーダーした。店内で浮きまくってるけど、気にしている場合ではない。ピンクカレーに集中し、お行儀よく、じっと待つ。

お店は少人数で切り盛りしているらしく、料理の提供に時間がかかるとの注意書きがカウンターに貼られている。多少時間がかかるのは仕方がないだろう。

でも大丈夫。30分くらいの待ちは覚悟している……と思ったら10分程度で出てきた〜!! わぁ〜っ! これがピンクカレーか~!

正直、想像していたよりもピンクではない。もっと毒々しい桃色をイメージしていたのだが、これはピンクというより桜色。だが、それもまたよし……というか、それよりも目を引いたのは、カレーの上のタマゴである。

・バラの花のようなタマゴ

クレープのような薄焼きのタマゴが折り重なって、まるでバラの花のように見える。こ……これは、まさに「インスタ映え」する料理……! 女子がこぞって撮影して「かわいい!」とか連呼しそうなヤツ……!! 実際にInstagramに投稿してみると……

下北沢カレーフェスに来た。ピンクのカレーなんだけど、店内が暗くてピンクに見えない

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on

ほらやっぱり〜! カワイイの声、続出! これはぜひとも女子に食べて撮影して頂きたい。

なお、カレーは辛さ控えめで、カレーというよりも、このお店の売りのオムライスに近い印象を受けた。下北沢カレーフェスティバル未経験の方は、まずこのお店で、インスタ映えを狙ってみてはいかがだろうか?

・今回訪問した店舗の情報

店名 カフェティント
住所 東京都世田谷区北沢2-27-10 1F
営業時間 12:00~20:00
定休日 火・水曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24