unicurry1

2015年10月18日までの日程で開催中の「下北沢カレーフェスティバル」。4回目の今回は120店舗以上が参加し、街をあげてイベントを盛り上げている。とはいえ、すべてのお店が普段からカレーを提供している訳ではない。

・ウニスープカレーだと!?

中華料理店ではビーフンをカレー味にしたり、麻婆豆腐をカレー風にアレンジしたり。またスーパーではテイクアウトのお弁当で参加するなど、お店によって工夫している。なかでも斬新なのが、ウニ料理専門店の海栗屋だ。ここではウニスープカレー(1200円)を提供している。なにそれ! すごいウマそう!! どんなスープカレーかな? と思ったら……。

・ウニ専門店がカレーフェス参戦

このお店はウニの料理を提供している。生ウニだけでなく、ウニのコロッケやウニのグラタンなど、メニューはウニ尽くしである。カレーフェスに参戦するには、ハードルが高かったに違いない。板前さんは頭を悩ませたことだろう。

小田急線下北沢で配布されている、パンフレットを見ると、「究極の雲丹スープカレー」で参戦していることが判明! 試行錯誤を重ねたに違いないだろう。ウニでスープカレーとはかなり斬新! 一体どんな味なのか、確かめない訳にはいかないではないか!!

unicurry2

・カレーの雰囲気ではない

お店に行ってみると、和服姿の女将さんがお出迎え。純和風の店構えで、どこを切っても「カレー」が出てくる雰囲気ではない。先付け代わりに18種の野菜サラダが出てきた。まあ、カレーといえばサラダ。全然不思議ではない。新鮮な野菜を黒ごまペーストで味付け、あっさりとしていて美味しい。

unicurry3

・鍋が来た!

次に出てきたのは、鍋!? あれ? カレーを頼んだはずなんだけど、なぜか小さなカセットコンロに鍋が乗って出てきた。そして、魚介と焼き野菜が乗った器と共にご飯。女将が言うには、「具材をしゃぶしゃぶして、ご飯に乗せてお召し上がりください」。なんと! しゃぶしゃぶじゃないか!! このお店、ウニしゃぶも有名なのだが、それにスパイスを加えて、カレー風にアレンジしていたのだ。

unicurry8

・カレーでしゃぶしゃぶだってできる

なんだ、いわゆる一般的なカレーライスを想像していたのに、ちょっとだけガッカリ……。しかしこれはこれでちょっと面白い。考えてみたら、カレーでしゃぶしゃぶというのも不可能ではないのだ。お店は得意分野を生かして、カレーフェスに参戦したのである。実際に食べてみると、ウニの深いコクのなかに、ピリリとスパイスの香味を感じるではないか。

unicurry11

unicurry12

・カレーとは言い難いけどウマい!

ちょっと嬉しいのが、最後の締めだ。ご飯を鍋に投入してオジヤとして頂く。ウニの味と香りをまとったご飯が、ウマくない訳ないだろ! もろくそウマいやないかいッ! カレーのはずが最後に完全にカレーではなくなってしまったけど、これは本当に美味しい。このお店ならではのアプローチに感心してしまった。

unicurry15

・今回訪問した店舗の情報

店名 雲丹専門店 海栗屋 下北沢
住所 東京都世田谷区北沢2-15-5 1F
営業時間 13:30~18:30、21:30~23:00
定休日 不定休

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼ウニ料理の専門店「海栗屋」。カレー感はほぼゼロ
unicurry2

▼そして、これが「究極の雲丹スープカレー」1200円。どう見てもカレーではない……
unicurry8

▼これらの具材を鍋でしゃぶしゃぶする
unicurry9

unicurry10

▼しゃぶしゃぶして~……
unicurry11

▼ご飯に乗せて頂く
unicurry12

unicurry14

unicurry13

▼締めはご飯を鍋に投入してオジヤに。全然カレーじゃないけど……
unicurry15

▼猛烈にウマい~ッ!!
unicurry16