あぁ〜、写真の写りがイマイチだ。なんて思っても、今の時代は大丈夫。Photoshop(フォトショップ)をはじめとする加工ソフトがあれば、チョチョイのチョイで見違えるほどの画像にすることができるからだ。

そして加工のプロ、つまりフォトショ職人の手にかかると、まるで魔法のように加工されてしまうことだってある。では、プロ中のプロはどのような仕事ぶりを見せるものなのか。海外で “とある職人” が話題になっているので紹介しよう。

・人気継続中のフォトショ職人

現在、海外サイト「indy100」で取り上げられているのは、ジェイムズ・フリッドマンという男性だ。以前、本サイトでお伝えしたことがあるが、またしても人気になっており再登場。その特徴は、絶対にボケて依頼を返すが、注文通りに仕事をこなしているというものだった。

もしかしたら改心してスゴ腕を見せているのか……と思いきや、やはりブラックなセンスはいまだ健在。今回は厳選して10枚をお届けするが、まだまだ彼のもとにはオファーが殺到している様子である。

・おもしろ画像10連発

依頼主は「親父よりも背を高くしてください」「彼氏よりも小顔にして!」といった素朴なものから、「母ちゃんを若くしてくれ」なんて難題など幅広い。さて、絶対にボケて依頼を返すフォトショ職人はどう対応しているのか。独特な切り口で加工する画像は必見だ!

参照元:Twitter @fjamie013indy100(英語)
執筆:原田たかし

▼依頼主「親父よりも背を高くしてください」

▼依頼主「キスしてる時に開いてた目を修正して!」

▼依頼主「母ちゃんを若くしてくれ」

▼依頼主「彼氏よりも小顔にして!」

▼依頼主「魚が釣れているようにして欲しいな」

▼依頼主「私もフレーム内に入れてちょうだい」

▼依頼主「後ろに写った女性をどうにかして欲しい」

▼依頼主「右足が長く見えるようにして」

▼依頼主「ちょっと危険な感じにして欲しいわ」

▼依頼主「後ろに電車を加工してちょうだい」