吉野家の大盛牛丼が550円する時代。ガッツリ食べようと思ったら500円以下にはなかなか収まらないものである。だがしかし、立ちそば界においては、大盛そばが500円以下などザラだ。立ちそばの魅力はそのリーズナブルさと手軽さにもあると言える。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。訪れたのは葛飾区金町だ。下町風情あふれるこの街に、オッサンたちのカリスマとなっているガッツリ系そば屋があるという。

・南口ロータリーの黄色い看板の店

その店の名は『そばっ子』。JR金町駅と京成金町駅の間にある南口ロータリーの一角に佇む。黄色い看板に丸みを帯びた文字が目印だ。

・店内は明るい雰囲気

入店してみると、店内は広く、カウンター以外に机席も3席ほどある。壁一面が窓となっているせいか雰囲気も明るく、常連と思われる人たちで賑わっていた。人が醸し出すなんとなく風通しの良い雰囲気は下町ならではである。

トッピングで人気なのは、かき揚げ天と春菊天とのことなのでその2つをトッピングしてもらうことにした。これでも450円である。運ばれてきた丼は……

デカイ! 器からすでに普通の立ちそば屋の1.5倍くらいありそうだ。そして、横に「ガツーン!」と広がった丼に負けない天ぷらがドーン! 春菊バーン!! 緑鮮やかな見事な春菊天である。

・ガッツリした天ぷら

ひと口食べてみると、ほろ苦く豊潤な春菊の味が広がる。ガッツリサイズのかき揚げ天も玉ねぎの甘みが生かされておりウマイ。さらに衣からは絶妙な甘辛つゆがにじみ出す。それをオカズにそばをかき込む! 食うべし食うべし!!

そばはモチモチで、関東風の濃いつゆとの相性も抜群。そして何より、2つの天ぷらを受けきるだけのボリューム感があった。450円でこれはかなり高コスパ。

・店の雰囲気を作るもの

かわるがわる入店する客たちの中には、店員さんたちと打ち解けた会話を振る人も多い。柔らかい明るさでそれに対応する店員さんたち。この店の明るさは、そんな集まる人や店員さんの人柄で作られている部分も大きいのだろう。

食べ終わって満腹、なんだかちょっと気分の良くなる店だった。少し寂しくなった時、この店の暖簾(のれん)をくぐってみよう。人の温もりが感じられるはずだ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 そばっ子
住所 東京都葛飾区金町6−5−3
営業時間 月~土6:00~22:00 / 日・祝6:00~21:00
定休日 無休

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼かき揚げドーン! 春菊バーン!!