お酒とドラッグをミックスしたら、ヘロヘロになって気を失ったり、最悪の場合は心疾患を起こして死に至ることもあり、かなり危険である。

しかし、そんな常識を覆すかのように、大麻エキスを抽出した通称「グリーンワイン」と呼ばれるワインが登場して、ネットで超話題となっているので紹介したいと思う。

・‟グリーンワイン” と呼ばれる大麻のワインが登場!

大麻のエキスを抽出した、グリーンワインこと「Canna Vine:カンナ・ヴァイン」を生み出したのは、米カリフォルニア州サンタクルーズで、医療大麻の薬局を営むリサ・モリヌークスさんだ。

リサさんは、地元でワイン用のブトウを育てている農場主と提携し、有機栽培された大麻と、バイオダイナミック農法で栽培されたブドウを使用して、カンナ・ヴァインを製造するに至ったのだという。バイオダイナミック農法とは種まきや苗植え、収穫などの時期を、太陽や月といった天体の動きに合わせて選択した栽培方法だ。

・ワインと大麻のイイとこ取りな商品!!

#cannawine the best way to start today

A photo posted by @dandyvanvoyager on

大麻とワインの組み合わせと聞いただけで、かなり強烈に酔いそうな印象を受けてしまうが、気分がハイになるというよりは、体に高揚感がみなぎる感じになるのだという。一口ワインをすすると顔が火照り、その後は徐々に楽しい気分になって、夜はゆっくり眠れるのだそうだ。

リサさんいわく、ワインと大麻のイイとこ取りな商品で、美味しいワインを味わいながら、大麻の薬効の恩恵を受けることができるのである。

・カンナ・ヴァインの価格は最高で約4万円ほどに

そして、気になるカンナ・ヴァインのお値段は、大麻を抽出しているだけに、120~400ドル(1万2500円~4万1600円)と決して安くはない。

そして、現在グリーンワインが購入できるのはカリフォルニア州のみで、医療用大麻を購入できる免許を取得している人しか買うことができないそうだ。

リキュールでも、カンパリやイエーガーマイスターなどハーブ系の物が多く存在するので、大麻のワインの味はなんとなく想像できるし、全然アリなのではないだろうか。

参照元:Instagram @dandyvanvoyagerMETROLA TIMES(英語)
執筆:Nekolas