IMG_0857

関東地方も梅雨入りし、ムシムシと湿気が強くなってきた今日この頃。そんなときに「涼しげで・お手軽で・美味しい」のが “わらび餅” である。コンビニでも100円で購入できる高コスパスイーツだから、みなさんきっと大好きなことだろう。

そんなわらび餅の味付けといえば、長らく「黒蜜 & きな粉」の一択であったが、つい先日スーパーで『ラムネわらびもち』なる衝撃的な商品を見つけてしまったのでご報告したい。ラムネ……わらびもち……! 全ッ然、味の予想がつかへんで!!

・明日香食品株式会社の商品

記者が都内のスーパーで購入したのは「明日香食品株式会社」の『ラムネわらびもち』である。価格は100円ほどで、レジ横にどっさりと積まれていた。あまりの斬新さに目を疑った記者であったが、これは食べてみるしかあるまい……!

IMG_0859

この明日香食品株式会社、調べてみるとわらび餅をはじめ、大福や団子など多くの和菓子を手掛けているメーカーであった。和菓子メーカーが手掛ける奇襲系のラムネわらび餅……。果たしてその味はどんなものなのだろう?

・わらび餅自体が青い

さっそく家に持ち帰り開封すると、パッケージが破けた瞬間からニオイがラムネ! 純度100%のラムネ!! や、やべえ……! 嫌な予感しかしない……!! パッケージでイマイチわからなかったが別の器に移してみると、わらび餅自体も薄いブルーと判明……。ウソだろ……? 青くて美味しい食べ物に出会ったことないんですけど?

IMG_0865

さらにはこの『ラムネわらびもち』、黒蜜ときな粉ではなく「しゅわしゅわパウダー」をかけて食べる。もうここまで来たら怖いもんはねえ! シュワシュワパウダーをたっぷりふりかけ、一口食べてみると……!

IMG_0871

んーーーーー。んんんーーーーーーー。わからん! 食感はいつものツルンとしたわらび餅で、香りや味は紛れもなくラムネである。さらにはシュワシュワがわらび餅と全く結びつかず、ウマいマズい以前の問題で舌と脳が正しくジャッジしてくれない

IMG_0878

個人的にはマズいとさえ感じたが、例えば最初からこういう食べ物だと思えば違和感はそこまでないだろう。記者のように「わらび餅大好き☆」という人の方が、拒絶反応は大きいに違いない。

とはいえ、わらび餅史上、歴史的な問題作であることは間違いないから、興味がある人はぜひご賞味いただきたい。わらび餅だと思えばツラく、こういうもんだと思えばそれなりに美味しく食べられるぞ!

参考リンク:明日香食品株式会社
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼パッケージでよくわからなかったが……
IMG_0859

▼わらび餅自体が青い。ウ、ウソだろ……!
IMG_0865

▼(笑)
IMG_0871

▼歴史的問題作だから、気になる人はぜひ食べてみてくれよな!

なにこれ超気持ち悪い。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on