IMG_8387

2016年5月11日から世界初のカップラーメン、日清の「カップヌードル」発売45周年を記念して『世界のカップヌードル総選挙』が開催されている。日本未発売の20品目がエントリーされ、1位の商品は日本でも販売されるという熱いイベントだ。

アメリカ代表の「チキン」や、タイ代表の「トムヤムクン」など、味の想像がつくものもあるが、インド代表の「ベジ マンチョウ」やメキシコ代表の「コン カマロン ピカンテ」など、方向性すらわからない商品もかなり多い……。てか、ベジマンチョウって何だよ(笑)。

・日清で試食させてもらえることに

このイベントには、11カ国20種類の日本未発売カップヌードルがエントリーされている。同社のホームページを見てみると、それなりに補足はしてあるものの、やはり実際に味わってみたいもの。そこでダメ元で日清に問い合わせ、試食させてもらえないか打診することにした。

00

すると、「全種類は用意出来ないんですが、今ある11種類なら」との返事が。……11種類でも全然ウレPです! というわけで日清まで足を運び、日本未発売カップヌードル11種類を試食させてもらうことになった。

・「現地マーケティング・現地調達・現地生産」が鉄則

同席してくれたマーケティング部のエラい人によると、実はカップヌードルの消費率は日本が3割で、あとの7割は海外なのだという。日本の人に「実はカップヌードルはグローバルな商品なんですよ」と知ってもらいたいという願いが、今回の『世界のカップヌードル総選挙』には込められているらしい。

IMG_8392

また、日清のカップヌードルは「現地マーケティング・現地調達・現地生産」が大鉄則とのことである。つまり、日本の日清が海外のカップヌードルに口出しすることはないため、国によってかなり個性が違うようだ。

IMG_8372

・アメリカはジャンクかと思いきや……

それはさておき、いざ実食! まずはアメリカ代表の「チキン」からだ。豊かな香りとジャンクフード大国・アメリカのイメージから相当濃ぃぃいい味を想像していたのだが、「え……お湯?」ってくらい薄い!! 「ちょっとコレ何か入れ忘れてません?」レベルのサッパリとした味わいだ。

IMG_8407

実はアメリカ・メキシコ・ブラジルのカップヌードルは全般的に味付けが薄く、アジア圏に入るにつれ塩分が高くなっていき、日本が最も濃いとのことである。そ、それは知らなかった……。

IMG_8415

・バッチョイが激ウマ

その他のカップヌードルも、日本と比べると確かに薄味が多い。ただ、味としてはどれもウマく、特にタイ代表の「ムーマナオ」はビリッとした辛さとライムの酸味が絶妙! さらにはフィリピン代表の「バッチョイ」は、にんにくとエキゾチックな味わいが絶品で、フィリピン旅行に出かけたらお土産にオススメしたいほどの完成度であった。

IMG_8429
IMG_8420

なお、名前が恐ろしいドイツ代表の「ワサビ ゲシュマック」は、見た目が鮮やかなグリーンで香りも激烈ワサビであったが、味についてはあえてノーコメントとさせていただきたい

IMG_8445

全般的に、日本に近づくにつれ日本人の舌にもフィットする印象だったカップヌードル。「世界のカップヌードル総選挙」は2016年5月31日まで開催されているから、気になる味をぜひ投票してみてくれよな!

取材協力:日清「カップヌードル」世界のカップヌードル総選挙
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼同席してくれたマーケティング部の藤野ブランドマネージャー。エライ人である。
IMG_8392

▼ジャンクかと思いきや、超薄かったアメリカ代表の「チキン」。ドッキリかと思うくらい薄かった。
IMG_8407

▼ブラジル代表の「ガリーニャ カイピーラ」は、地鶏のブラジリアン煮込み味。こちらもアッサリ系。
IMG_8415

▼メキシコ代表の「コン カマロン ピカンテ」は、辛口シュリンプ味。南米は薄いんだなぁ。
IMG_8426

▼タイ代表の「ムーマナオ」は辛口ライムポーク味。マイルドさを消して、味のメリハリをつけたトムヤムクン味という印象。これはウマい。
IMG_8429

▼フィリピン代表の「バッチョイ」は、揚げニンニク香る豚肉の煮込み味。記者イチオシ。ニンニクとエキゾチックな味わいが激ウマ! 見た目は地味だけどな。
IMG_8420
IMG_8422

▼インド代表の「マゼダール マサラ」は、インド風ミックススパイス味。サッパリさせたカレー味かな?
IMG_8436

▼インドネシア代表の「ラサ グライ アヤム ムラユ」は、インドネシア風ココナッツチキンカレー味。日本で発売された「シンガポールラクサ味」に近いかも。
IMG_8479
IMG_8482

▼シンガポール代表の「チリクラブ」。かなり辛い。
IMG_8488
IMG_8493

▼中国代表の「五香牛肉風味」は、八角がかなり効いていた。
IMG_8468

▼香港代表の「香辣海鮮味」は、辛い系のシーフード味。
IMG_8474

▼ネットでも話題というドイツの「ワサビ ゲシュマック」は、スープも麺も鮮やかなグリーン。香りも激ワサビ。
IMG_8454

▼なお、味についてはノーコメントだ。
IMG_8445

▼個人的にはフィリピン代表の「バッチョイ」がオススメだ! ドイツ代表のマッシュルーム「シャンピニオンズ」も気になるぜ。

世界のカップヌードルを食べ比べてみたヨ。オススメはフィリピンのバッチョイ。

A post shared by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on