これも時代なのだろうか? 2021年4月5日、大手食品加工メーカー「日清食品」が日本初のタンパク質強化カップ麺『カップヌードルPRO 高たんぱく & 低糖質』の発売を開始する。

ある意味、ダイエットの御法度だったカップ麺がついに「高たんぱく & 低糖質」をウリにするようになったとは……! というわけで、事務所に届いた『カップヌードルPRO』をいつもの「日清カップヌードル」と食べ比べてみたのでお知らせしたい。

・高タンパク質で低糖質

1億総ダイエッター真っただ中のこのご時世、多くの人が「タンパク質」や「糖質」を気にしながらお買い物をされていることだろう。ダイエッターにとって「高タンパク質 & 低糖質」は基本中の基本であると同時に、毎食ごとに実現するのは面倒な作業である。

仮に『カップヌードルPRO』が「高タンパク質 & 低糖質」で、さらに美味しいならば「ダイエットの柱」として活用することもできるハズ。まずは以下で『カップヌードルPRO』の概要をご覧いただこう。


「今回発売する “カップヌードルPRO 高たんぱく & 低糖質” は、カップヌードルらしい味わいと食べ応えはそのままに、たんぱく質を15g配合し、低糖質三層フライ製法によって糖質50%OFFを実現した国内初のタンパク質強化カップ麺です。

さらに、“カップヌードルPRO 高たんぱく & 低糖質” には、謎肉のたんぱく質を1.8倍に強化した “ハイプロテイン謎肉” が入り、通常のカップヌードルよりも肉々しい味わいをお楽しみいただけます」


・価格はちょっぴり高め

要するにタンパク質が15g、糖質が50%オフ(しょう油 15.3グラムシーフード 18.2グラム)のカップヌードルで、メーカー希望小売価格はいつもの193円よりちょっぴり高い206円となっている。

ダイエッターの方の中には、上記の糖質が「話にならない」という方もいらっしゃるハズ。が、過去のカップヌードルと比較するとかなり低糖質で、ガチガチのダイエッター以外なら許容範囲ともいえるだろう。サラダチキンでも加えれば、それなりのダイエット食として成り立つ。

・味的にちょっと違うところ

で、いつものカップヌードルと食べ比べてみたところ、味もほぼほぼ同じであった。日清が「おいしさそのまま、糖質半分!」と言うように、しょう油もシーフードも味の差はほぼ感じない。何も知らずに食べたなら「いつものカップヌードル」と感じる人が圧倒的に多いハズだ。

1点だけ「やや違うかな?」と感じたのは麺。いつもの麺と比べて『カップヌードルPRO』の麺は、若干コシに欠けていた。表面上の “つるみ” はほぼほぼ同じではあるものの、歯切れは少々よろしくない。とはいえ食べ比べてようやくわかったくらいだから、深刻に気にするレベルではないだろう。

味は普通に合格点として、欲を言うなら糖質が10グラムを切ってくると本格的に「ダイエット食 = カップヌードルPRO」の時代がやってくるハズ。今回ははじめの一歩として、今後ますますのグレードアップに期待だ。

というワケで、いよいよ「カップヌードルでもダイエットができる時代」の幕が開けた。日本初のタンパク質強化カップ麺『カップヌードルPRO 高たんぱく & 低糖質』は4月5日に発売開始だ。

参照元:日清食品「ニュース」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.