anshin1

春である。すでに桜も散り、これから新緑のまぶしくなる季節。たとえオッサンと言えども、春の陽気に心浮き立つというものだ。しかし! 当編集部の若いオッサン(中澤記者 33歳)と老いたオッサン(佐藤 42歳)は、心ウキウキなのに、新緑のようにまぶしくない。なぜだ!!

ここはひとつ、思い切って春らしくイメチェンした方が良いという結論に至り、せめて見た目だけでも変えようということになった。そこで、それぞれ5000円で服を調達すると共に、メガネを変えることになったのである。オッサンふたりによるイメチェン対決、はたして結果は~ッ!!

この日は私は福袋に入っていた、サイズの合っていないチェックのシャツと、同じく福袋に入っていたジーンズを穿いていた。正直着られれば何でも良いと思っている。

anshin2

一方の中澤記者は、ありがちなアンディ・ウォーホルのTシャツと、1万円コーディネートシリーズで買ったパンツ。それとブラウンのジャージだ。私がいうのも何だが、彼も服に頓着がなく、血液型はA型なのに「B型」と書かれたTシャツを着ていたりする。おかしなヤツだ。

anshin4

オッサンふたりとも、完全にイケてない! 春が来たとは到底思えない。これではいかん! ということで、今回のイメチェン対決に至った。対決するに当たり、服の調達はそれぞれが自由に行うことになった。私は古着屋で最近の流行りを取り入れることに。流行の「ジョガーパンツ」とやらに、青い柄モノのシャツ。今まで青色のものを着たことがない私にとっては、結構な冒険だ。

anshin6

若返ったか? 春っぽくなったか? う~ん、何かが足りない気がする……。一方中澤記者は、格安ブランドでスタッフにコーディネートしてもらったそうだ。これからに合わせてハーフパンツ。それにストライプのシャツだ。

anshin7

若返ったか? 春らしくなったか? う~ん、彼もまた何かが足りない。彼の場合は、冬でも半ズボンを貫く小学生みたいになってる。とにかくふたりとも、春らしさが1ミリも感じられない。なぜだろうか? 

もしかしたら、私の場合はメガネのせいかも。上品なジジイを目指すつもりで、細い丸メガネにしたのだが、どうもコレがオッサンを通り越してジジイな感じをプンプンさせている。中澤記者もアニメオタクな感じが丸出し。いかん! 全然イメチェンできてない!! そこで、JINSでメガネを変えることになった。

anshin8

JINSを選んだのには明確な理由がある。JINSには軽さを追求した、「Airframe」がある。これまでのAirframeは軽さとしなやかさが魅力だったのだが、そこにデザインとかけ心地を向上した新モデルが加わった。かけ心地は超重要だ。とくにメガネを手放せない私にとって、長時間の装用は時に苦痛をともなうことがあるからだ。

耳の後ろ側が痛くなったり、メガネの当たる鼻の部分が痛くなったりすることも良くある。いっそコンタクトにと思われるかもしれない。過去にそれで失敗している。ソフトもハードも合わなかった。だから、メガネのかけ心地は、大事な問題なのである。早速店舗に行き、アレやコレや試着してみた。

anshin11

ワオ! やっぱメガネでめっちゃ印象変わる!

anshin13

若返るどころの話じゃない! いつもよりキリっと顔立ちが引きしまって見えるのは、気のせいではないはず。とはいえ、メガネは服よりも選ぶのが難しい。ここはお店の人に意見を仰ごう。それぞれの顔立ちと服から、ふさわしいものを選んでもらうことに。

anshin15

anshin17

よ~し! フレームは決まった。次はレンズ。Airframeはレンズ代込みで、4900~7900円の商品群から買えるのだ。1万円以下でレンズもついてくるなんてお得じゃないか! 早速中澤記者は視力測定をしてもらい、今の視力に合わせたレンズで仕上げてもらうことになった。

私は度数が変わると、見え方が変わってしまい頭痛がするので、これまでのメガネと同じ度数のもので、作ってもらうことに。これもまた助かるんだよね~。視力測定の手間が省けるだけでなく、メガネが変わっても見え方が同じなのは、非常にありがたい! レンズの在庫があれば30分で受け取れるのも嬉しいポイント。そうして、イメチェン完成~!!

anshin21

ドヤ? これ春が来たんじゃない?

anshin22

ビフォーアフターで比較すると一目瞭然。特に目元に注目! 顔立ちにキレが出ると共に、全体的に印象が変わっている。

anshin27

anshin28

最後に、今回のイメチェン対決を女性記者に評価してもらった。姉妹サイト「Pouch」のはちやま記者と百村記者の下した評価は……。

anshin25

私の勝利! まあ、当然の結果ではないだろうか。明らかにカッコ良くなっているのは、私の方だから。

anshin26

という訳で、春が来たのにイマイチ気分が乗らないという人は、メガネを変えてみるのも手かもしれない。とにかくAirframeのかけ心地は、試す価値ありなので店舗に行ってみて欲しい。

参考リンク:JINS「Airframe」
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼イメチェン前の私。春にふさわしくない野暮ったい感じ。特に目元からにじみ出る年寄り感
anshin2

anshin3

▼一方の中澤記者。そこかはとなく漂うアニメオタク感。春はまだ遠い……
anshin4

anshin5

▼それが大変身! 私が選んだのはマットな質感に黒と白のコントラストが際立つ「Matte Airframe(MRF-13A-699)」。ジジ臭い印象から一変! 顔にキリッと締まった感じになった
anshin23

▼中澤記者はスクエア型のクリアフレーム「SLIM Airframe(MRF-16S-047)。普段はおっとりとした雰囲気と打って変わって知的な印象だ!
anshin24

▼軽さとかけ心地、そしてデザイン性が向上したJINS「Airframe」で、印象がガラリと変わった

02_JINS_AF_大型POP_A_姿見あり_767×433_01

▼ウェーイ!
anshin31

▼ウェーイ!! これで明日からココチ良い人生をゲットだぜ!
anshin32