0a

中国アニメと言えば、パクリ作品の宝庫。たまのオリジナル作品も、たいがい作画崩壊MAX。たしかにそんな作品は星の数ほど存在し、中国人でさえ「中国のアニメはダメだ」とまで嘆く始末である。

だがしかし! この度、そんな中国アニメのイメージを覆す作品が誕生するかもしれないというのだ。この度、公開された予告動画を見てみると、まさかまさかの圧倒的クオリティ! ぐうの音も出ない出来ばえなのである。

・圧倒的な映像美にぐうの音も出ない!

予告動画では、「すべての人類は、海にすむ1匹の巨大な魚だった」というナレーションと共に、ひとりの少女の姿が映し出される。まずは何も考えずに見てほしい。鮮やかな色彩のなか、人が、風が、海が、信じられないほどヌルヌルとなめらかに動いている。そんななか、時折流れる不穏な空気、どれをとっても圧倒的の一言で、みるみるうちに作品の中に引きこまれてしまうのだ。

・少年×少女×海×神話

作品の名前は『大魚・海棠』。中国メディアでは、ストーリーが以下のようにザックリと説明されている。

「海の下に広がるもうひとつの世界。そこの住人は世界を管理するチカラを持つ、いわば神のような存在だ。そこに住む少女 “椿” は、ある日、イルカに姿を変え人間の世界に行こうとしたところ波に飲まれてしまう。

危ないところを人間の少年に助けられるが、少年は命を落としてしまった。少年の勇気に感動した椿は、彼を何とか生き返らせようとするのだが、それは神の禁忌を犯すことだった……」

──というストーリーであるそう。海、魚、少女、少年、そして神話と伝承が絡んだファンタジー作品なのだ。

・制作に12年かかった『大魚・海棠』

2004年、プロジェクトがスタートした頃からネット上では話題になっていたが、資金難から、頓挫しそうになったこともあったそう。しかし、監督らの「人々の心を打つアニメ映画を作りたい!」という情熱は消えることなく、ついに12年後の2016年7月8日に劇場公開が決定したというのである。

・誇りを取り戻しつつある中国アニメ

以前の記事でも紹介したように、中国アニメはハイクオリティなオリジナル作品を多く輩出してきた。たとえば、1941年に公開された『西遊記 鉄扇公主の巻』は、当時、日本にも大きな影響を与えたとされているし、また60年代に制作された水墨画など様々な技法を使ったアニメは、今見ても全く古臭さを感じさせないものだ。

それがいつの間にか、「プライドはどうしたの?」と聞きたくなるようなパクリ大国と呼ばれるようになってしまったわけだが……しかし、2015年公開の西遊記のアニメ映画『大聖帰来』の大ヒットを受け、中国産アニメへの誇りを取り戻しつつあると言われている。

そんな状況もあり、『大魚・海棠』には多大な期待の声が寄せられているようだ。そんなに期待されている作品なら日本でも見てみたいなぁ。気になる作品である!

参照元:『大魚・海棠』公式サイト南方都市報今日頭条(中国語)、Sina Weibo
執筆:沢井メグ

▼こちらが最新の予告編

▼ポスターも美しい!!

▼この12年の間に何度も短編映像が公開されている。どれを見ても圧巻の一言だ

▼こちらは2004年に公開された『大魚・海棠』のフラッシュアニメ

▼2015年、中国で大ヒットを飛ばした『大聖帰来』