IMG_6831

たい焼きとは、小麦粉で作られた鯛型の皮に、アンコが入っているもの。クロワッサンたい焼きとか、進化系も登場しているが基本的にあったかスイーツである。

……が、そのアンコがカレーだったら!? そんな斜め上に進化してしまったたい焼きを発見してしまったので報告しておきたい。それは『キーマカレーたい焼き』。ピリ辛カレーと、ごっついジャガイモが入っているのだが、これが激ウマであった。

・『キーマカレーたい焼き』

気になるたい焼きを発見したのは、たい焼きやたこ焼きでお馴染みの『ひとくち茶屋』だ。たこ焼きやたい焼きを販売している同チェーンでは、期間限定で様々なチャレンジメニューが登場するのだが、今回、東京・中野区のお店で発見したのは『キーマカレーたい焼き(200円)』。ズバリ、「たい焼き×キーマカレー×皮つきジャガイモ」である。

IMG_6831

・食べる前 → 「また無茶しやがって……」

カレーパンがあるくらいだし、インドではナンを食べるし、小麦粉とカレーの相性はいいはずだ。しかし、たい焼きの皮は、ほんのりと甘いもの。ハムやチーズならまだしも、中身がキーマカレーとなると、どうしても「無茶しやがって……」と感じてしまう。

さらに、ジャガイモがまるまる1/2個入っているという仕様。なんというか、もはや、たい焼きではない。

02

・食べてみた → 「サモサみたいで美味しい!!」

食べてみると……こ、これは!!!! この味、ちょっと知ってるかも! カレーのスパイシーさをジャガイモが優しく中和してくれて、全体的にはややモッサリしていて、水が欲しくなるやつ……これ、サモサや! インド料理のサモサや!! サモサにソックリやー!

サモサとの違いは、油で揚げられるサモサは、終始サクサクなのに対し、キーマカレーたい焼きは、一般的なたい焼き同様もっちりしている。このモチモチがヨイ。たい焼きの醍醐味だ、しかし、羽の部分はサックサクしており、外側にいけばいくほどリアルサモサに近づいていく。

ウマイだけでなく、1つで異なる食感を楽しむことができるとは……これは、インド人も納得するレベルであろう。マジでアッチャァァァァァーーーーッ(美味しい!)

03

いつでも食べたい味わいだったが、残念ながら期間限定とのこと。販売終了したら自分で作るしかねえ……。「たい焼き×キーマカレー×ジャガイモ」の相性は最強、覚えておこう!

参考リンク:ひとくち茶屋
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼中野のひとくち茶屋で
01
▼『キーマカレーたい焼き』を発見

カレー鯛焼き!インド料理みたいで、おいCかった\(^o^)/ サモサ‼️

A photo posted by 沢井メグ(Meg Sawai) (@megmi381) on

▼見た目は普通のたい焼き
02
▼中身はキーマカレーとジャガイモだ
03
▼先生! サモサです、サモサの味がします!!
04
▼尻尾の先までカレーが入ってたよ! これもたい焼きらしさのひとつだね!!
05