Monet Pond00

岐阜県関市といえば、鎌倉時代から日本刀の鍛冶で有名だ。関鍛冶とも言われており、数々の名刀を生むと同時に、松尾芭蕉の弟子にして “風狂の俳人” または “俳諧の狂者” ともいわれた広瀬惟然(ひろせいねん)を生んだ地としても有名である。

そんな関市に、これまた有名な池がある。有名なのに、名前は無い。だが、その美しさから、皆からは「モネの池」と呼ばれているという。一体なぜ “モネ” なのか? 雪降る山道をローギアで走る道すがら、通りかかったので行ってみた。

・立ち位置や角度によって見え方が変わる

モネの池は、岐阜県関市は板取にある「根道神社」の鳥居の横にある。最初は何が美しいのかサッパリわからなかった。水面が反射して、池の中がよく見えなかったからだ。だがしかし。池のまわりを少し歩いて、橋の正面に立ってみると──!!

ほっ……ほげえええええっ!! なんじゃこりゃ〜!!
Monet Pond04

驚くべき透明度。その中を、気持ちよさそうに鯉がスイスイと泳いでいる。なんという美しさ。まるで絵だ! 動く絵だ!! そうか、モネというのは……印象派のクロード・モネ!! モネの「睡蓮(スイレン)」シリーズに似ているから “モネの池” なのか!

ちなみに撮影したのは、まさに今日(2016年2月10日)。天候は雪で、空の色は白かった。そんな空模様、しかも iPhoneで撮影したのに この美しさ。きっとポカポカ陽気の春ならば、それこそ睡蓮も咲き乱れ、水面に青空が映り込み、鯉たちもルンルン気分でス〜イスイ。より一層、綺麗に見えることだろう。そう、モネの睡蓮のように。

・今回ご紹介した絶景スポットの詳細データ

名前 通称「モネの池」
住所 岐阜県関市板取下根道上448番地、根道神社の鳥居の横

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼ほげええええええええええええええ!
Monet Pond01
Monet Pond02
Monet Pond08
Monet Pond09
Monet Pond15

うつくしや ぐうぜん知った モネの池

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on

▼角度や立ち位置、光の具合によって見え方が全然ちがう
Monet Pond10
Monet Pond12
Monet Pond16

ここほんと寄ってよかった。教えてくれた弁慶庵のおばちゃん、ありがとう\(^o^)/

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on

▼これが根道神社の鳥居だ
Monet Pond18

鳥居もね しんしん積もりて シンメトリィ

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on

▼階段をのぼると、こんな景色
Monet Pond19
▼モネの池も見える
Monet Pond21
▼参拝もしよう
Monet Pond22
Monet Pond23
▼動画も撮ったぞ

▼ちなみにこちらが、惟然坊こと広瀬惟然(ひろせいねん)だ

関が生んだ史上最狂の俳人、広瀬惟然(1648-1711)を拝んできた。ふうはふは。

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on