餃子にハマってから76日目を迎えた今日、同僚の佐藤が「おーい、おまえら、これ知ってる?」と、1つのおにぎりを見せてきた。ローソンで購入したとのことで、商品名は……


餃子のおいしい具だけを握ったおにぎり


なんだそれ。というか新発売。そんなの知るわけないだろ。ということで、すぐさまローソンに飛んで即購入。価格は1つ145円(税込)。期待を胸に、食べてみた!

パッケージを見る限り、餃子の餡(あん)の部分だけが具になっているもよう。そして、開封すると……


もわんっ……

うわっ!


これは紛れもなく餃子のニオイ。

そしてそのまま2つに割ってみると……

なるほど、たしかに「餡だけ」だ。


そして……


……。


……。


……。


私と同じく餃子生活2カ月以上の原田たかしいわく、「期待しすぎたのかもしれませんね」とのことで、私もその意見に同意である。「餃子ライス(餃子定食)」的な感じかと聞かれたら答えは否(いな)。おにぎりの中に餡が入っているだけ、だ。

もっとも、パッケージにも「ここだけ」と書いてあるので、パッケージそのまんまな商品……というだけのこと。しかしながら、リピかどうかと聞かれたら答えは否(いな)。アリかナシかで言えばナシである。


もしかしたら我々は、餃子に関してだけで言えば、舌が肥えてしまっている可能性はある。なにせ毎日、2カ月以上も餃子である。絶対音感ならぬ絶対餃子感は常に極限。そんなスーパー餃子人モードの我々が、餃子風味の何かを食べたら、そりゃ「違う」と思うのは当然といえば当然だ。

一方、餃子まみれの生活を送っていない佐藤は、実に穏やかなものであった。食後の感想も「ウン、餃子ではないね。餃子の “皮感” を出してほしかったかなぁ〜」と実に優しげ。それを聞いて、私は少し「カリカリしすぎていたな」と反省した。カリカリして良いのは、餃子の皮だけだ。

参考リンク:ローソン「ここだけにぎり(ぎょうざの中具)
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24

▼76日目

▼75日目

▼74日目

▼73日目

▼72日目

▼71日目

▼70日目