スマホにおける重要な用途のひとつ、それが「音楽再生」だ。お気に入りの音楽をスマホに入れておけば、どんなときでも再生できる。CDプレイヤーを持ち歩かなくても、音楽再生プレイヤーを持ち歩かなくても、スマホさえあれば音楽が……!!

……と、音楽が身近になればなるほど、こだわりたくなるのが「音質」である。イヤホンやヘッドホンにこだわる人も多いだろう。だが、もっと簡単に音質を変えたいのであれば、スマホアプリ『UBiO』を使うのがてっとり早い。

・『UBiO(ユビオ)』とは!

至極カンタンに『UBiO』を説明するならば、ずばり「チョー簡単に音質を改善できるアプリ」である。イコライザーの設定も、直感的に分かりやすい「2D Pad型イコライザー」方式。指でグリグリするだけで、自分の好みの「音質」を発見できる。

また、「聞こえない音を引き出す」や、「独自のアルゴリズムにより特定の音域を調整しても他の音域に影響があまり出ない」という特徴もある。スマホ音楽ユーザー必須のアプリ、それが『UBiO』であるが……これまで iOS版しかリリースされていなかった。

──だがしかし、だがしかし!!

今回、嬉しい事に Android版の『UBiO』がリリースされたのであ〜る。これまで悔しい思いをしていた Androidユーザーも、バリバリ『UBiO』を使えるようになったのだ!!

▼ついに出た!

ubiocap

・音楽家に使用感を聞いてみた

Android版『UBiO』の主な特徴は、iOS版と同じく「2D Pad型イコライザー」、ならびに全450種類のイヤホン型番から選べる「イヤホン指定」機能である。はたして、その使用感はどうなのか? 新進気鋭の音楽家「DJ-GO」氏に話を聞いてみると……

「ウン、いいね。ていうか俺は、もともとiOS版を使っているけど、Android版もバッチリだよ。高音重視や低音重視はもちろん、微妙なチューンで導き出す “自分だけのイコライジング設定” を、ぜひとも見つけて欲しいね。そして俺の音楽を聞いてほしい」

と、満足気に語ってくれた。

DJ-GO

・イヤホン指定が楽しい

ちなみにDJ-GO氏が愛用しているヘッドホン「KOSS porta Pro」専用のイヤホン設定もデフォルトで入っており、DJ-GO氏は超ゴキゲン。そしてデフォルトのイコライジング設定から「KOSS porta Pro専用設定」に変更してみると……

「おお、全然違うね! ビシッとくるね! 細かくチューンされているねぇ……!」

とDJ-GOはご満悦。その後、iPhone5 に入っていたイヤホンや、PHILIPSのイヤホンなどを接続して「ほう」「なるほど」と、それぞれのイコライジング設定を楽しんでいた。動画も撮影したので、ぜひともチェックしてほしい。

参考リンク:UBiO公式サイトAndroid版『UBiO』
執筆:GO羽鳥
協力:DJ-GO

提供:UBiO

▼音の “違い” が、想像以上によく分かる動画になったぞ!

UBiOの音質改善で臨場感アップ。 HPで視聴できるぞ。