うちの近所のダイソーにて。相変わらずマスクは売り切れ。心なしか、「キッチンペーパー簡易マスク」コーナーに陳列されているキッチンペーパーも在庫が怪しくなっているような気配を感じる。最後の手段であるキッチンペーパーでも作れなくなったら、いよいよ……なんて思っていたその時!

新たなコーナーが誕生していた。そこには、「はぎれ」と、ご自由にお持ち帰りください的なプリント用紙が吊るされており、何が書いてあるのかなと見てみると……

手作りマスクの作り方!!

なるほど。すぐ横にある「はぎれ」やゴム紐は、この布製手作りマスクの材料ってわけか。いいじゃない。こういうの、すっごくイイ! よ〜し、いっちょやってみっかぁ〜!


用意したのは「はぎれ」2枚と、ゴム紐だけ。材料費は合計300円だが、サイズ的に12枚の布製マスクを作ることができる。

それではさっそく、採寸してダンボールで型紙を作るか……と思ったら!

なんとこのプリント、書いてあるサイズの通りの原寸大だった! つまり、このプリントの通りにカットすれば良いって話。手芸の世界では当たり前のことなのかも知れないが、おじさん、正直、感動した。


んで、型紙を作ったら、あとは手順通りに……


切って〜


ミシン登場で……


縫う! ちなみに、ミシンを使うなんて小学校の家庭科の授業以来であるが、意外とできた。覚えているもんだね〜。ボビンとか、下糸とか。


そんなこんなで……


おそらくどこかしら間違っているのだろうけど……


不格好ながら……


自分だけの布製マスクが完成した〜!


これオレが作ったんだぜ〜!!


意外とイイ感じじゃん!


愛着わくじゃん!


これさえあれば、もう「韓国式あかすりマスク」を使わなくてもいいよね! よかった〜。

それにしても、久々の手芸、面白かった! また、洗濯もできる布製のマスクを手に入れたことにより、「もうマスクを探さなくても大丈夫だ」という気持ちににもなれた。これ、とても重要なことだと思う。ダイソー、グッドジョブ。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

▼動画もあるぞ