一体どうなっているのだ。そんなに売れているというのか。よく店内に「売れています」ってポップが掲げられているけれど、ここまで次から次へと新商品を投下してくるってことは本当に売れているのだろう。何の話って……


ダイソーの「うんち」シリーズのことだ。


これまで当連載ではダイソーの「うんち商品」について、幾度となく紹介してきた。詳しくはタグ「ダイソーのうんち」にまとめてあるが、すでに7つも紹介していたので、今回が8つ目のうんち商品。その名も……

うんちパーティーメガネ」(100円)……。


なんでもかんでも うんち化 しやがって……!!


ちなみにこれ……


玩具ではありません」……!!

こんなフザケた形をしたメガネが玩具(オモチャ)でないなら何なんだと問い詰めたくもなるのだが、ダイソー的にはオモチャではないとのことなので、あくまでこれはメガネなのだ。それもパーティー用のメガネなのだ。


ともあれ開封してみると……


なんと……


(><)な顔したうんち君が……!!

なんという細かな演出……! こんなんダイソーうんちファンだったら狂喜乱舞マチガイナシじゃん……。これだけでも、ダイソーがどれだけ「うんちシリーズ」に力を入れているのかがおわかりいただけるであろう。


それはさておき……


モノとしては良い感じ。


裏面なんてトレー的になっており、そのまま絵の具のパレットとしても使えそうな雰囲気だ。しかしながら、これは絵の具のパレットではなく、オモチャでもなく、あくまでも「パーティー用メガネ」である。


なお、パッケージに描かれているサツマイモ色したうんち君が、

「パーティーで盛り上がる!?」とチャラけた無責任発言をしているのが腹立つが、心を落ち着けて装着してみると……


あ……


あれ……?


なんか……


かっこよくね?


ためしに、ちょうど外から帰ってきた部下の原田にも かけさせてみたが……

よくね?


Yoshioも……

COOLじゃね?


和才なんて……

なじみすぎてね……?


なんなんだこれは……!?


なぜみんな、変に似合ってしまうんだ……!?


──てな感じで、結論としては「どういうわけだかカッコよく見えてしまう」うえ、「みな謎に似合ってしまう」という奇跡のサングラスだったのである。おそらくこれならパーティーでも盛り上がる。またしても100円以上を楽しんでしまった。ダイソーのうんち商品にハズレなしだ!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

▼隠し撮りされていた!

View this post on Instagram

真剣すぎてワロタ

A post shared by Yoshio よしお (@yoshio1117) on

▼ビートルズのジャケットみある