てえへんだァ! てーへんだーっ!! 100円ショップのダイソーに、とんでもねえもんが売ってたどーっ! その名も「4WAYキッチンタイマー」で、価格は200円だけど、この性能なら納得か。というのもコレ……

IKEAのキッチンタイマーにクリソツなのら〜!!

IKEAのキッチンタイマーといえば、IKEAが好きな人であれば高確率で持っているであろう『KLOCKIS(クロッキス)』だ。現在の価格は349円だが、時計&温度計&アラーム&タイマーとして大活躍のベストセラー商品。

時計&温度計&アラーム&タイマーを「本体を回転させる」ことにより切り替えるというオシャレかつ画期的なシステムが最高なのだが、なんと、なんと……ダイソーの「4WAYキッチンタイマー」もまったく同じ〜!!

とりあえず比較してみたところ……

まず、表示面はIKEAのよりも小さくて……

厚さはIKEAのより分厚い。

裏面の構造はほぼ同じで……


回転システムも……

まったく同じ〜!!


違うのは、回転させて機能を切り替えた時、IKEAのは機能によって液晶面が違う色に光るという遊び心にあふれた仕様になっているのに対し……

ダイソーのは、光らない。

あとは音。タイマー音。

どちらも「ピピピピ」と、ほとんど同じ音だが、超集中して聞き分けると、ビミョーに違うことがわかる。IKEAのは「ピピッピピッ」なのに対し、ダイソーのは微妙に「ティティッ、ティティッ」と、音が枯れている感じか。

それと、細かいことだが温度計。常にダイソーのほうがIKEAのより1〜2度高い。どちらが正しいのかは謎であるが、それぞれが「オレは温度をこう感じている!」と主張し合い、同じ温度になることは一回もなかった。

でも違うのは、本当にそのくらい。コンセプトが同じすぎて、見ているこっちがヒヤヒヤする。いいのかなコレ。大丈夫なのかな?

ともあれ、大きく違うのは「液晶が光るか否か」という点ではないかと私は思う。349円で光るほうか、200円で光らないほうを選ぶか。私なら……光るほう(IKEA)を選ぶかなぁ〜! だって、そこも、この「回転ギミック」の魅力なんだし。光るほうが見やすいし。あなたなら、どっち!?

参考リンク:IKEA「KLOCKIS(クロッキス)」
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼音の違いは動画を参照してね

View this post on Instagram

徹底比較🕰 #100均検証

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on

▼これがIKEAのキッチンタイマーだ!

▼これまでの100均検証リンク集はこちら