駅にコンビニエンスストアがあると何かと便利だ。時間がない朝、会社や学校に行く途中でコンビニに寄らずに済む。また帰りの買い物の際にも、寄り道のひと手間が省ける。だが、混み合うのは避けられない。レジ前の行列も珍しくないだろう。

そんなレジの混雑を緩和するために、セルフレジを設けるお店が増えている。東京・市ヶ谷駅のコンビニ「ニューデイズ」にもセルフレジが導入されているのだが、初めて使ったら猛烈に不安な気持ちになった。便利なのはたしかなんだけど……。

・ローソンはスマホペイ

お店は、JR市ヶ谷駅の改札外にある。店内の様子は他の店舗と変わらないのだが、レジの端にセルフレジ端末が2台置いてある。おお! これは便利だ。ぜひとも使ってみたい。そういえば、ローソンは限られた店舗でスマホによる決済の仕組み「スマホペイ」を実装していた。

これは専用アプリで商品のバーコードを読み取り、画面に表示されたQRコードを、店内の専用端末に読み取らせることで決済が完了する。


電子レシートが発行されるので、何かあっても購入したことを確実に証明することができる、しっかりとしたシステムだ。


・実際に使ってみると

ニューデイズのセルフレジはどうか? 実際に利用してみた。


端末を見ると、決済は交通系電子マネーに限られるようだ。スマホアプリはなく、クレジットカード・現金の利用はできない。


使い方はシンプル。まずは商品のバーコードを端末に読み取らせる。専用紙コップを利用するコーヒーと新聞は、端末の専用ボタンを押して購入する。また酒類・たばこ・カードへのチャージは有人レジのみの対応となっている。



・支払ったけど……

次に支払い。支払いはレシートありとレシートなしが選択できる。私(佐藤)はレシート不要なので、なしを選択した。


「PASMO」をタッチして、支払い完了。


……

…………

……………………

…………………………


終わり?

終わりらしい。このまま購入したクリームパンを持って、店を出ても問題ない。


だが不安だ! 本当にこのままお店を出て大丈夫なのか?


ローソンのスマホペイは、もしも店員さんに止められても、スマホ画面に表示された電子レシートを見せればいい。しかし、今回はレシートなしで購入してしまった。もしも出入り口で止められたら、何も証明できるものがない。自分が知っている事実があるだけなのか。

このまま当たり前に外に出ることができず、私は自ら店員さんに「今、セルフレジで買いました」と自己申告した。普通に買ったのに、なぜこんなに不安になってしまうのか……。こんなことなら、レシートありで購入すればよかった。


という訳で、私と同じ小心者はレシートありで購入しよう。

・今回紹介した店舗の情報

店名 NEWDAYS市ヶ谷
住所 東京都千代田区五番町1-1 (JR市ヶ谷駅改札外)
営業時間 6:00~24:00

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24