突然だが、みなさんはコンビニのセルフレジを利用したことがあるだろうか。私はない。徐々に設置が増えているのを知っているにもかかわらず一度もない。その理由としては大きく分けて2つ。

お酒やタバコといった年齢確認が必要で「店員さんにやってもらう」商品をよく買うこと、そしてもう1つは私が小心者だからだ。恥ずかしながら失敗するのが怖い! 店員さんがやってくれると安心安全!!

ビビリすぎだろと思うかもしれないが、私みたいな人は意外と多いはず。こういうのもコンビニに行ったら使う人が少ないように感じている……というよりほとんど見かけず。どんなに有人レジに人が並んでいてセルフが空いていようとも使おうとする人がいないのだ。やはりいろいろとややこしいのかなぁ……。

・予習から実践

そんな疑問を解決するべく、勇気を出して生まれて初めてのセルフレジを使ってみることにした。普段からバンバン使っている人からすると「何を今さら」といった感じだろうが、小心者の私からすると大冒険に他ならない。失敗したら……と考えるだけで不安になってしまう。

そのため念には念を。YouTubeにアップされている「ローソンのセルフレジを使ってみよう♪」という動画でしっかり予習し、ローソンで初セルフに挑むことにした。それによると……

支払い方法をタッチ、それからバーコードをスキャンして会計と手順は簡単だと言っている。ちなみに、現金は使えない(動画ではクレジットカードで決済)らしい。幸い、私は現金をほとんど持ち歩かないし、動画を見る限りだとアタフタすることもなさそうだ。

しかし、いざセルフレジの前に立つと後ろにお客さんがいないのに緊張感が高まる。えぇい、この際どれだけ時間がかかってもいいし、間違えたっていい。やってみよう!


・初のコンビニセルフ

まずは支払い方法を選択。私はPayPayを使っているからバーコード決済……のはず。あぁ……すでに少し不安になってきた……。

次にレジ袋を選択。いらないから「不要」をポチッと……


んでもって商品を読み取って……


あとは「購入する」を押せばよさそう……なのだが!


ここでポイントカードの利用なんてトリッキーなことを問われたから一気にテンパってしまった。


あああっ……(モタモタ)。バーコードは会計と覚えていた私は頭の中がぐっちゃぐちゃ。冷静に振り返ると、素直に「持っていない」を押せばよかったシーンっぽい。


やっと会計……! バーコードを表示して読み取り……っと


できたっ……!


てな具合で少しばかりモタついたものの無事に決済を完了することができた。率直な感想を言うと、自分が思っていたよりもずっとラク。途中、3回くらいは店員さんのありがたさを痛感したが、次からはスンナリと会計できそうな気もする。使いこなせたらセルフレジっていいものかも……と思いきや!


・年配には難しいかも

一連の流れのなかで気になったのは、世代によってセルフレジはキツいということ。先述のNO現金を含め、お店によってアレがダメ、コレがダメといった支払いの条件もあるようだから難易度が変わってくるのだ。

若者ならまだしもスマホ操作にも慣れていない年配の人は、どうにも慣れない部分があるに違いない。現に私もテンパったし、後ろに人が並んでいたら……そう思うとちょっとヒヤリ。後ろを待たせてイライラさせてしまうプレッシャーがどうしても頭をよぎってしまった。

とはいえ、セルフレジはいろいろと削ぎ落とした結果こうなっているのだろう。そうなると最終的には慣れ。セルフレジが当たり前の環境になれば適応することを求められるし、いずれはほとんどセルフなんて世界も全然ありえるから距離を詰めていくしかない。

誰だって初めてのときは失敗したくない心理が働くもの。まだ一度しか経験していない小心者が言うのも何だが、アドバイスとしては事前に準備しておくことに尽きる。現に私は幾分かリラックスしてセルフレジに触れた。もしセルフレジを利用するのが不安で未経験の人は、予習をやってからチャレンジしてみてほしい。

参照元:ローソン研究所
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼動画「ローソンのセルフレジを使ってみよう♪」