スタバの人気がエグすぎる。福袋には応募が殺到するし、新作を出したらネットで話題になるし、国内初の高級スタバ「リザーブ ロースタリー東京」なんてオープンしようものなら、当然のように話題になる。現場で取材している当編集部の佐藤によると、約1000人待ちだったらしい。

これはもはやチートの領域。人気という点で、スタバに対抗できる飲食店は無いかもしれないと思ってしまうほどだ……が! 私がふと気になったのは、「人気の飲食店が束になったら、スタバを越えるのでは?」ということ。

たとえば、『シタマチ・ラーメンフェスティバル』は、人気ラーメン店が集結するイベントで、開催日が高級スタバのオープン日と同じ。これはもしかして……高級スタバよりヤバイことになるかも。そう考えて、当日の朝に現地へ向かった。

・『シタマチ・ラーメンフェスティバル』とは?

まず、『シタマチ・ラーメンフェスティバル』について簡単に説明しておこう。これは、東京・御徒町で行われるラーメンフェスで、「日本で人気のラーメン店が一堂に会し〜」的なヤツである。詳しくは後述するが、そのイベントが始まったのは本日2月28日。

イベントのホームページによると、本日登場するのは以下の6店とのこと。


吉山商店(焙煎ごまみそらーめん / 札幌)
らあめん寸八(鶏豚醤油らあめん / 長野)
セアブラノ神(背脂醤油 / 京都)
麺匠 うえ田(塩ラーメン / 静岡)
麺や 齋とう(濃厚鶏ラーメン / 大阪)
じゃぐら(濃厚豚骨味噌 / 東京)


どれも人気店だけに、イベント会場はスタバ以上の混雑っぷりを見せつける可能性はある。開催初日(28日)の天気は生憎の雨だが、それはスタバだって同じ

ちなみに、私が『シタマチ・ラーメンフェスティバル』の会場に足を運んだのは11時半前後で、佐藤も昼前に高級スタバを訪れている。訪問時間もほぼほぼ同じ。その条件で、混雑具合にどれほどの差があったのかというと……こうだ。


・混雑具合の差は?

まず、高級スタバの方だが、これは冒頭で書いた通りほぼ1000人待ち。「0が2個ほど多いのでは?」と疑ってしまうが、事実ほぼ1000人待ちである。


で、一方『シタマチ・ラーメンフェスティバル』の方はというと……



全然混んでないのである。むしろ超空いていると言ってもいい。私はチケットを買うときもラーメンを買うときも、全く並ばなかった。

もちろん、12時過ぎになるともっと人が増えるのだろう。また、テントの下でラーメンを食べられるとはいえ、屋外イベントだから雨が大きく響いたという理由もあるに違いない。

だが、それを考慮しても、スタバの混雑っぷりとはあまりにも差があるような気がする。──誤解しないで欲しいのだが、あくまでも混雑っぷりを比較しているだけであり、味がどうこう言う話ではない

むしろ、味をどうこう言うならば、個人的にはスタバよりシタマチ・ラーメンフェスティバルの方がオススメだ。食ったラーメンはどれもうまかったし、もっと食べたいラーメンが他にもいっぱいあったのだから。

であるにもかかわらず、人の数ではスタバより圧倒的に少ないって……みんなそんなにスタバが好きなの?


・「シタマチ・ラーメンフェスティバル」に出るお店

まぁとにかく、私と同じように「高級スタバより断然ラーメン」という人のため、以下に「シタマチ・ラーメンフェスティバル」に出るお店を記載しておきたい。

ざっくり説明しておくと、イベントは2貝28日〜3月4日までの第1部、3月7日〜11日までの第2部、3月14日〜18日までの第3部に分かれており、それぞれの部で出店するお店は以下の通り。


【第1部(2月28日〜3月4日)】

吉山商店(焙煎ごまみそらーめん / 札幌)
らあめん寸八(鶏豚醤油らあめん / 長野)
セアブラノ神(背脂醤油 / 京都)
麺匠 うえ田(塩ラーメン / 静岡)
麺や 齋とう(濃厚鶏ラーメン / 大阪)
じゃぐら(濃厚豚骨味噌 / 東京)


【第2部(3月7日〜11日)】

味噌専門店 みその(札幌味噌ラーメン / 札幌)
麺匠 佐蔵(安養寺味噌 / 長野)
麺バル ブライド(富山ブラック / 富山)
麺や厨(鶏白湯ラーメン / 静岡)
そめいよしの(淡麗鴨そば / 東京)
百麺(極上濃厚豚骨醤油ラーメン / 東京)


【第3部(3月14日〜18日)】

麺匠 茜ノ舞(札幌えび味噌ラーメン / 東京 ※北海道系)
頑固麺飯魂 気むずかし家(信州鶏白湯ラーメン / 長野)
まぐちゃんラーメン(甲州大豆醤油ラーメン / 山梨)
池めん(濃厚豚骨ラーメン / 静岡)
ど・みそ(味噌ラーメン / 東京)
我武者羅(生姜醤油らーめん / 東京)


なお、場所は「おかちまちパンダ広場」。流れとしてはまずは受付でチケットを購入し、好きなラーメン店のブースに行けばOK。チケットはどれも850円……つまり、ラーメンはどれも1杯850円ってことだ。電子マネーやクレジットカード等は使えないから、現金を持ち歩かない派の人は気をつけて!

・今回ご紹介したイベントの詳細データ

イベント名 シタマチ・ラーメンフェスティバル
場所 おかちまちパンダ広場(東京都台東区上野3丁目26番地)
期間 第1部(2月28日〜3月4日)・第2部(3月7日〜11日)・第3部(3月14日〜18日)
時間 11:00〜20:00 ※チケット販売は19:30まで。また、各部の最終日は11:00〜19:00までの営業

参考リンク:シタマチ・ラーメンフェスティバル
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

▼こちらは「セアブラノ神」のラーメン。このラーメンを選んだ理由は……

▼単純に「中落ちカルビの焼ける香りに誘われたから」なのだが、選んで正解だった

▼もう1杯行けそうだったので、「麺匠 うえ田」のラーメンも食べてみた。トリュフがのってるなんて、オシャレやん! 

▼麺をすすると、カニの風味がふわ〜と香る。全体的に、カニだし効きまくり! 他にも食べたいラーメンがああったが、今日は2杯で終わり。残りはまた後日〜♪

▼こんなことを言いながら、「苦い新作だと!? 超気になる……」と思ってしまう自分がいるのも事実。っていうか、近いうちに飲む!