夢と魔法の国、東京ディズニーランド。その魔法にかかり、自分自身が魔法使いになってしまった男が当編集部にいる。彼こそが人呼んで “ディズニーマニア” こと田代大一朗、本籍地はガチな話、東京ディズニーランドだ。

彼はこれまで「体がディズニーランドを受け付けないおっさん」や「2歳児」を相手に、完璧なディズニーツアーを披露してきたが、今回の相手は強敵である。彼の名は中澤星児──。東京ディズニーランドにトラウマを持つ男だ。

・ディズニーに心を閉ざす男

約半年前、私は田代に誘われて約10年ぶりに東京ディズニーリゾートを訪れた。ぶっちゃけ、あのキラキラ感が苦手になっていたのだが、ディズニーマニアの豊富な知識とピュアすぎるハートに撃ち抜かれ、ディズニーが苦手ではなくなった。むしろ今では結構好きだ。

View this post on Instagram

夢の国ィィィイイイイ!

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on


その後も田代とは「メリー・ポピンズ リターンズ」の試写会にも出かけたし、ちょいちょいディズニーの話もする。周囲のメンバーもそれなりにディズニーに興味を持つようになった様子だが、ただ1人だけ「ディズニー」と聞いても微動だにしないのが中澤だ。


サンジュン「せいじくんって、ディズニーダメなの? 行ったことないの?」

中澤「行ったことありますよ。ただ……トラウマがあるんですよね

サンジュン「トラウマ?」

中澤「小さい頃に大阪から家族でディズニーランドに行ったんですよ。前日は近くの豪華なホテルに泊まって」

サンジュン「いいじゃん、超いい思い出じゃん?」

中澤「違うんですよ。前日にホテルのお風呂で転んでまあまあ大きめの怪我したんですよ、病院にも行って。おかげで翌日のディズニーはお兄ちゃんだけがアトラクションに乗って僕はただ待つだけ……。あれ以来、ディズニーが大嫌いになりましたね」

サンジュン「逆恨みじゃん!」

中澤「いや、でもたぶん一生行かないでしょうね。ハッキリ言ってディズニーランドはトラウマです。もう20年以上行ってないんじゃないかな?」

・ディズニーマニア登場

そんな話をしていたら、どこからともなく現れた田代。やや目をウルウルさせながら、震えた声で中澤に語り掛け始めた。


田代「せいじさん……聞きました。さぞかしツラかったでしょうね。東京ディズニーランドを楽しみにしていた少年の気持ちを考えると……。僕は……僕は……ウッ」

中澤「え?」

サンジュン「え?」

田代「でも、もう大丈夫です。この話を偶然聞いてしまったのは、きっとウォルトが僕に “せいじさんを助けてあげて” と言っているのでしょう。安心してください、ウォルトほど完璧な案内ができるかはわかりませんが、ディズニーを愛する気持ちは誰にも負けません!」

中澤「田代さん?」

サンジュン「田代さんってば」

田代「ただ、トラウマがある東京ディズニーランドに無理やり連れて行くのは荒療治すぎる。どうすればいいんだ……そうだ! 東京ディズニーシーがあるじゃないか!! この20年の間にせいじさんが訪れたことがないディズニーシーが出来ている! これもウォルトの計算……なのか?」

サンジュン「いや絶対に関係ないでしょ」

田代「トラウマとはいえ、せいじさんは心を固く閉ざしてしまっている。これだと東京ディズニーランドの “夢と魔法” はなかなかかからない。でも 東京ディズニーシーの “冒険とイマジネーション” なら……」

中澤「あれ? 僕なんか行く流れになってません?

田代「さあ、せいじさん!」

中澤「はい?」

田代「冒険とイマジネーションの海が待ってます! 東京ディズニーランドに胸をトキめかせたあの日のせいじさんに戻るときがきたんです!!」

中澤「その頃の僕を知らないでしょ


……と、やや強引な流れながらも、東京ディズニーシーに出かけることになった中澤と田代(と付き添いのサンジュン)。普通の人間であれば、田代のピュアオーラに圧倒されて心の氷が溶けていくものだが、中澤は手強い。

なにせ「ディズニーシーに行く前にこれだけは観ておいてください」と言われた映画「アラジン」を鑑賞して、敵役の “ジャファー” に感情移入してしまったのだから。詳しくはこちらの記事を参照いただきたいが、中澤を攻略することはウォルト・ディズニー本人でも難しいのではなかろうか?

・最悪のスタート

さらには当日のスタートも最悪であった。テーマパーク自体がかなり久しぶりだという中澤は、待ち合わせ場所になかなか現れない。迷子になってしまったのだ。集合時間ギリギリに登場した中澤のテンションはかつてないほど低い。


中澤「というか、ディズニーシー入る前から広すぎるでしょ。入口をこんなに大きくする必要あります?」

サンジュン「まあまあまあ」

中澤「めっちゃテンション下がった。ちょっと帰りたい」


こんな感じで最悪のスタートを切った「ディズニーがトラウマな男」と「ディズニーマニア」による大冒険。果たして田代は中澤をトラウマから解放できるのか? 気になる続きは2ページ目へGOだ!

参考リンク:東京ディズニーリゾート
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.