毎年、この時期にお届けしている「最強パスポートランキング」。ビザなしで渡航可能な国が何カ国あるかでパスポートの格付けをした、グローバルなランキングである。

その2018年版が発表されたのでさっそくお届けしたいが、結果から言うと日本が190カ国で1位をゲットォォォオオオオオ! 初の頂点に立った。

・イギリスのコンサルティング会社が発表

このランキングは、市民権や永住権の取得支援を手掛けるイギリスのコンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」が発表したものである。昨年お届けしたランキングは「Passport Index」のもので、やや内容に違いがあることをご了承いただきたい。

さて、1位の日本は今年10月からミャンマーのビザが免除されたこともあり、見事1位に輝いた。昨年1位だった「シンガポール」は189カ国で第2位、第3位には「ドイツ」「フランス」「韓国」が188カ国で並んでいる。

それでは以下で「最強パスポートランキング」を一気にご覧いただこう。

・最強パスポートランキング2018

第1位: 日本 (190カ国)
第2位: シンガポール (189カ国)
第3位: ドイツ (188カ国)
第3位: フランス (188カ国)
第3位: 韓国 (188カ国)
第4位: イタリア (187カ国)
第4位: スペイン (187カ国)
第4位: スウェーデン (187カ国)
第4位: デンマーク (187カ国)
第4位: フィンランド (187カ国)
第5位: アメリカ (186カ国)
第5位: イギリス (186カ国)
第5位: ノルウェー (186カ国)
第5位: オーストリア (186カ国)
第5位: ルクセンブルク (186カ国)
第5位: オランダ (186カ国)
第5位: ポルトガル (186カ国)
第6位: ベルギー (185カ国)
第6位: スイス (185カ国)
第6位: カナダ (185カ国)
第6位: アイルランド (185カ国)
第7位: オーストラリア (183カ国)
第7位: マルタ (183カ国)
第7位: ギリシャ (183カ国)
第8位: ニュージーランド (182カ国)
第8位: チェコ (182カ国)
第9位: アイスランド (181カ国)
第10位: ハンガリー (180カ国)
第10位: スロベニア (180カ国)
第10位: マレーシア (180カ国)
第11位: スロバキア (179カ国)
第11位: ラトビア (179カ国)
第11位: リトアニア (179カ国)
第12位: リヒテンシュタイン (178カ国)
第12位: エストニア (178カ国)
第13位: ポーランド (175カ国)
第14位: モナコ (174カ国)
第14位: チリ (174カ国)
第15位: キプロス (173カ国)
第16位: ブラジル (171カ国)
第17位: アルゼンチン (170カ国)
第17位: 香港 (170カ国)
第18位: クロアチア (169カ国)
第18位: ブルガリア (169カ国)
第18位: ルーマニア (169カ国)
第19位: アンドラ (168カ国)
第19位: サンマリノ (168カ国)
第20位: ブルネイ (165カ国)
第21位: イスラエル (161カ国)
第21位: バルバドス (161カ国)
第21位: アラブ首長国連邦 (161カ国)

なお、21位以下を見てみると「台湾」が148カ国で29位、「ロシア」が119カ国で47位、「タイ」が77カ国で68位、中国が74カ国で71位となっている。

ただし、日本の190カ国は喜ばしいものの、外務省によれば2017年時点で日本人のパスポート取得率は「およそ4人に1人」とのことだから、あまりにももったいない。みんな海外へ出かけよう、せっかく「最強のパスポート」があるのだから。

参照元:Henley & Partners「Passport-index」 (英語)、 外務省「旅券統計」(PDF)
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼みんな、海外旅行行こうぜ!