2018年8月31日、映画『アントマン&ワスプ』が公開される。アントマンとしては2作目、MCU作品としては20作品目となる本作だが、注目は映画のタイトルにもなっている「ワスプ」だろう。

第1作の『アントマン』にも出演しているワスプを演じるのは、前作に引き続きエヴァンジェリン・リリー。今回はエヴァンジェリン・リリーに「ワスプってどれくらい強いの?」とド直球の質問をぶつけてみたのでご覧いただきたい。

・ワスプは強いのか?

そもそもアントマンとワスプは普通の人間である。能力はマイケル・ダグラス演じる “初代アントマン” こと、ハンク・ピム博士が開発したスーツにほぼ依存しており、ぶっちゃけ「どれほど強いのか?」はいまいちわからない。

もちろん、場合によっては粒子レベルまで小さくなれる能力はユニークだし、それなりに使い道はあるのだろう。だが、例えば他のヒーローやヴィランと対決した場合、アントマンやワスプに勝機はあるのだろうか? 正直に言って「分が悪いのでは?」と思わずにはいられない。

そこで今回は、ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーに「他のヒーローやヴィランとワスプはどう戦うか?」を聞いてみることにした。以下でインタビューをご覧いただきたい。


──はじめまして! ナイストゥミーチュー!! あなたがLOSTでケイト役を演じていた時からファンでした。僕はジャック派だったので、ケイトがジェームズとくっつきそうなときはヤキモキしましたよ。

「あら、そう? ジェームズも結果的にはいい人だったじゃない。きっとケイトは最初から見抜いてたのね」

──そうかもしれませんね。ではインタビューを始めさせていただきます

「OKよ。なんでも聞いてちょうだい」

──今回、あなたにはワスプとして6人のキャラクターと戦っていただきます。ワスプならどう戦うか? そして勝つのか負けるのか? そこのところをズバリと教えてください。

「ユニークな企画ね。でも時間の節約にもなるから言っちゃうけど、ワスプは誰にも負けないわよ。全勝するわ」

──おお、すごい自信ですね。ではまず女性対決ということで「ブラック・ウィドウ」とはどう戦いますか?


「彼女は強敵ね。そして接近戦を得意としているところはワスプと似ていると思うわ。ただ同じサイズで戦ったら引き分けだけど、ワスプは小さくなれるから彼女の攻撃を避けられると思うの」

──なるほど。つまり……?

「ワスプの勝ちね。ただウィドウは経験値が高いから長引かせてはダメ。早めに勝負を決めなくちゃね」

──なるほど。まずは1勝ですね。では続いて「ハルク」ならどうでしょうか?


「確かにハルクのパワーはすごいわ。ワスプがどれだけ攻撃してもきっと効かないわね……でも、ハルクの攻撃もワスプに当たることはないわ」

──ふむふむ。

「ハルクの弱点はあまり賢くないところね。あと、外側は頑丈だけど中身はそれほどでもないと思うの。だから小さくなって体内に侵入すればワスプの勝ちだと思うわ。侵入するのにそれほどの手間はかからないと思うしね」

──おお、早くも2勝! でも確かにその方法ならハルクに勝てそうですね。では賢いことで有名な「アイアンマン」ならいかがでしょうか?


「これはワスプね(即答)。ウィドウやハルクよりも楽に勝てるわ」

──ほう、それはどうしてでしょう?

「アントマンとワスプは機械系統の相手に滅法強いのよ。小さくなってアイアンマンのスーツに侵入して機械をメチャメチャにしてやるわ(笑)。ただトニーは賢いから2回目は対策を練って来くるかもね。でも1回勝負ならワスプの勝ちよ」

──3勝目! 確かに1発勝負ならワスプに分がありそうですね。ではアントマンならいかがでしょうか?


「これは難しい質問ね……。彼は頼りなく見えるかもしれないけど、実はとてもタフなところもあるのよ。スーツの性能はほぼ同じだし、なかなか勝負がつかないと思うわ」

──なるほど。

「だから “勝負は時の運” じゃないかしら? 彼が勝つこともあれば、ワスプが勝つこともある。100回戦ったら、きっと50勝50敗になると思うわ。だから引き分けね」

──たしかに、なかなか決め手がないかもしれませんね。これまで3勝1分け。では次は強敵ですよ? サノスとはどう戦いますか?


「きっとあなたはワスプが負けると思ってるんでしょ? でも残念ね、ワスプが勝つわ(笑)」

──え! サノスにも勝てますか? メチャメチャ強いですよ?

「サノスには “いかにして気付かれないか?” が重要ね。でも気付かれなければこっちの勝ち。アントマンと一緒に両耳から侵入して脳のあたりで落ち合うの。あとはそこでバーン! 脳に侵入されたらいかにサノスだって指を鳴らすことは出来ないと思うわ」

──では「インフィニティ・ウォー」があんなに衝撃的な結末だったのは、アントマンとワスプがいなかったからなんですね?

「その通りよ(笑)。もしアントマンとワスプがいたら、映画の結末は違ったものになっていたハズだわ(笑)」

──それは衝撃的です。ここまで4勝1分けですが、もはやワスプが最強に思えてきました。では最後はもう1度女性対決で「スカーレット・ウィッチ」ならいかがでしょう?


「そうね……彼女は手強いわ。うーん、うーん……。ダメだわ、どうやっても彼女に近づけない。もしかしたらワスプが一番苦手なのが彼女じゃないかしら? ダメね、これはワスプの負けよ」

──おお、確かにスカーレット・ウィッチとは相性が悪いかもしれませんね。結果は4勝1敗1分けとなりました。

「きっとあなたの想像より強かったんじゃないかしら?」

──おっしゃるとおりです。ワスプがここまで強いとは思いませんでした。中でもサノスにも勝てるというのは衝撃的です。ちなみに次回作「アベンジャーズ4(仮)」にワスプは登場しますか?

「フフフ。どうかしらね?」

──インフィニティ・ウォーには出演していませんでしたし、次回作のアナウンスもほぼありません。ヒントでいいので教えてください!

「そうね……。確かに “今は” アントマンとワスプの情報は出てないわね。でもアベンジャーズ4の製作が発表された3年前には、アントマンとワスプは登場するって言われていたわよ(笑)」

──おお、ということはつまり……?

「撮影したわ。アントマンもワスプもアベンジャーズ4に登場するわよ」

──おお、それはビッグニュースですね。まさにオールスター勢ぞろい! アベンジャーズ4が楽しみになってきました。

「どんな活躍をするかは言えないわ。来年の公開まで待ってちょうだい(笑)」


……というわけで、ワスプは想像以上に強かった。確かに言われてみれば、シチュエーションによってワスプが有利な戦いも多いことだろう。そして何より、エヴァンジェリン・リリーの “ワスプ愛” を強く感じた次第だ。

また、2019年公開の「アベンジャーズ4」への出演も判明したアントマンとワスプ。8月31日公開の『アントマン&ワスプ』も間違いなくおもしろいので、ファンはぜひ劇場へ足を運んでいただきたい。エンドロール後は「インフィニティ・ウォー」と関連するシーンも登場するので、慌てて席を立たないように!

参考リンク:映画「アントマン&ワスプ」
Report:P.K.サンジュン
Photo:©Marvel Studios 2018.

▼予告編はこちら。